2017年2月28日 更新

京都府下で驚きのクオリティ!渾身の一杯に笑顔こぼれる☆京都らー麺「一喜蔵」【京都南丹市】

たまたま園部方面で昼食をとることになり、いろいろ情報収集してこちらへ。自家製麺とこだわりのスープがベストマッチのラーメン。地元で人気のお店みたいです。

土地勘全然ない園部で昼食を

 (73118)

あまり立ち寄って食事しないエリア。まったく予備知識ないので、某グルメサイトで検索してこちらが高評価だったんで。商店街ですかね。休日、わりと閑散としてますが。その一角。
 (73119)

こちら。
席数10席しかないんで、早めに行ったほうがいいだろうと12時前くらい。
 (73120)

店前が駐車場に。
 (73121)

他にも駐車場あります。
 (73122)

で、中に入るとL字型のカウンター席のみ。ちょっと不思議な間取りの印象。手前スペースが広くて。ちょうど席が空いてて座れましたが、この後次々と客が入店し、あっという間に満席。そして、行列。人気店です。
 (73123)

メニュー。3人で来てたので、それぞれ違うものを注文して食べ比べしようと。和風豚骨味の名物こくまろと特製こく黒、濃厚豚骨味の濃厚コッテリラーメン、和風チャーハン大を注文。
 (73124)

トッピング材。ガーリックチップス、炒り胡麻、それと挽き胡椒がありました。結局夢中で食べて完食してしまったんで使いませんでしたが(笑)

自家製極細麺とスープのマッチング

 (73127)

程なくしてラーメンが。こちらは五種の貝出汁と四種のブレンド塩ベースのタレを豚骨スープに合わせた 濃厚あっさり系 こくまろ。
 (73125)

濃厚な豚骨スーププラスあっさり和風だし、数種ブレンドした醤油ダレにニンニクと背脂添加でこってり濃い味に仕上げたこく黒。
 (73126)

一日十食限定 。濃厚な豚骨スープに薄口醤油ダレにニンニクと背脂でこってり感は最強の濃厚コッテリラーメン。でも中和剤のもやしもたっぷり。
 (73128)

まずはこく黒。麺を引き上げてみます。ストレートの極細麺。白いんでかん水ナシですかね。麺は自家製オリジナル麺。これ、ちょっと博多ラーメンみたいで、このスープによくマッチしてなかなか美味しいんですよ。いいですよこの麺。麺は3種のラーメンすべて共通。替え玉もできます。これも博多ラーメンぽい。
 (73129)

スープ。こってりながら、和風だしで引き締まりいい。玉子の半熟トロトロ加減も最高。

チャーシューもスープの温かさでトロッととろける柔らかさ。醤油感はない、豚の風味をよく感じるシンプルな塩味系チャーシュー。
 (73130)

これはこくまろのスープ。貝の風味もしましたが、アミエビ的甲殻類の風味も。これが好みだったんで、最初こく黒だったけどこくまろにチェンジ(笑)

濃厚コッテリラーメンも、もやしがたっぷりでいい仕事して美味しくいただける一杯。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ますます進化する京都府立自然公園内の総合レジャー施設!心と身体の癒しの森「るり渓温泉」【京都南丹】

ますます進化する京都府立自然公園内の総合レジャー施設!心と身体の癒しの森「るり渓温泉」【京都南丹】

京都府南丹市にある国指定名勝のるり渓。広大な自然公園内には温泉、温水プール、宿泊施設、キャンプ場、イルミネーションなどさまざまなレジャー施設にあふれ、人気スポット。今回は温泉利用で行ってきました。
京都縦貫自動車道園部ICスグ!新鮮野菜や食の宝庫!!「道の駅京都新光悦村」【京都南丹市】

京都縦貫自動車道園部ICスグ!新鮮野菜や食の宝庫!!「道の駅京都新光悦村」【京都南丹市】

週末遠出途中に立ち寄った道の駅。新鮮な野菜、お米など特産品充実。京都府もバックアップし、伝統工芸づくり、継承も推進するエリア。
南丹市の【井筒八ツ橋 新光悦店】で八つ橋三昧♪ 工場見学やカフェスペースもあり!

南丹市の【井筒八ツ橋 新光悦店】で八つ橋三昧♪ 工場見学やカフェスペースもあり!

京都・南丹市【井筒八ツ橋 新光悦】で八つ橋三昧♪ 南丹市に観光に行ったら、井筒八ツ橋 新光悦店にも立ち寄ってみてださい◎
【行列必至】小麦香る極太もっちり麺が美味い!伏見の超人気店「つけ麺 きらり」【ラーメン】

【行列必至】小麦香る極太もっちり麺が美味い!伏見の超人気店「つけ麺 きらり」【ラーメン】

ぼくのラーメンランキング3位以内には入る中書島の駅前にある超人気店「つけ麺 きらり」に行ってきました。
美山の自然を120%堪能!日帰り露天風呂もあり!「美山町自然文化村 河鹿荘」

美山の自然を120%堪能!日帰り露天風呂もあり!「美山町自然文化村 河鹿荘」

食事、お風呂、キャンプ、宿泊など美山を120%堪能できる総合レジャー施設「美山町自然文化村 河鹿荘(かじかそう)」をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers