2017年1月14日 更新

京都中華料理界の源流・鳳舞の味巡礼!カラシソバは必食!!「鳳舞楼」【京都御所スグ】

今シーズンの目標として、カラシソバ巡礼実施中。京都の中華料理を語る上で、必ず登場する「鳳舞」。その味を受け継いだお店が市内に数店。その中でも鳳舞直系のお店。

2009年、惜しまれつつ閉店した老舗中華「鳳舞」

 (68869)

紫明通り沿いにこの独特の石造りの建物が目を引いた、広東料理店「鳳舞」。惜しまれつつ2009年に閉店。

こちらは閉店間際の画像になります。今は建物自体跡形もなくありません。
 (68868)

大正時代半ば、広東地方出身の中国人、高さんが開いたお店。京都人の好みに合わせてつくった薄味で出汁の効いた京風中華が一大ムーブメントになり、そのお弟子さんの店では今も鳳舞系の京風中華の味が引きつがれています。

河原町二条 京都中華料理界の源流・鳳舞の味を受け継いだ広東料理「鳳泉」【中華料理】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。

河原町二条 京都中華料理界の源流・鳳舞の味を受け継いだ広東料理「鳳泉」【中華料理】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。
関連記事になります。

鳳舞で麺づくり担当だったご主人がオープン

 (68849)

そして、京都府庁近く。鳳舞で麺づくり担当だったご主人の相場さんが2年前にオープン。
 (68850)

店名「鳳舞楼」には、その直系ぶりがうかがえ、鳳舞出身の方がオープンされたお店の中では、一番鳳舞の味に忠実と言えるんでしょうかね。
 (68852)

店内は1階カウンター席、2階グループ用テーブル席。今回はランチで予約入れたんで2階へ案内されました。まだ新しいです。
 (68853)

で、ところどころインテリアとして、鳳舞時代使われてたものですかね。調度品が飾られていて、オールド中華的雰囲気もかもしています。
 (68854)

で、メニューチェック。ランチセット、みたいなものはなく、昼も夜も同じということですかね。
 (68855)

すでに食べるものは決めてましたが、一応チェック。
 (68856)

前菜からメイン、ご飯モノから麺類に至るまで、正統派の中華料理店スタイルのメニュー構成。
 (68857)

季節のメニューもあり。

鳳舞系といえば、カラシソバ!

 (68867)

そして、店の人にこれがオススメですよ、と雑誌を。
最近この鳳舞系カラシソバの特集記事に掲載されたようです。えぇえぇ、これを食べに来たんですよ。鳳舞系といえば、カラシソバですから(笑)

鳳舞系京風中華を語る上で、ハズせないメニュー。鳳舞の高さんが考案したカラシを絡めた麺にあんかけを乗せるというオリジナルスタイルの「エビカシワソバ」。通称・カラシソバと呼ばれています。
28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大正創業の元祖広東料理!京都独特のあんかけカラシソバは刺激的☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

大正創業の元祖広東料理!京都独特のあんかけカラシソバは刺激的☆「ハマムラ」【京都府庁スグ】

大正13年創業の京都で初めての中華料理店「志那料理店ハマムラ」の流れを汲むお店で、元は河原町通りにあり80年の営業を経て、三代目が京都府庁前に移転オープン。
京都中華名物カラシソバ必食!雑居ビルにある隠れ家的アットホームな広東料理店☆「平安」【京都祗園】

京都中華名物カラシソバ必食!雑居ビルにある隠れ家的アットホームな広東料理店☆「平安」【京都祗園】

こちらも京都中華料理界の源流・鳳舞の流れを汲むお店。飲み屋中心の祗園エリアでアットホームな雰囲気のお店。今回もカラシソバ巡礼にランチで行ってきました。
【保存版】徹底比較!京都中華名物カラシソバ!!病みつきになる老舗の味【厳選5店】

【保存版】徹底比較!京都中華名物カラシソバ!!病みつきになる老舗の味【厳選5店】

2009年惜しまれつつ閉店した京都中華の源流「鳳舞」。その味を受け継ぐメニューとしてよく登場するのが通称カラシソバ。麺にカラシを絡めたあんかけソバは一度食べると病みつきになる味。そんなカラシソバを食べられるお店をまとめました。
台湾の方も通う!台湾の本格屋台料理を河原町で「 微風台南(びふうたいなん)」

台湾の方も通う!台湾の本格屋台料理を河原町で「 微風台南(びふうたいなん)」

河原町丸太町の交差点を少し上に、本場の台湾料理の「微風台南(びふうたいなん)」
黄色まみれの刺激☆名物カラシ入りそばは京風中華原点味!中華料理「龍鳳」【新京極六角】

黄色まみれの刺激☆名物カラシ入りそばは京風中華原点味!中華料理「龍鳳」【新京極六角】

以前ご紹介したこともある、京風中華の源流の味を受け継ぐお店。名物の「カラシ入そば」を食べに行ってきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな