2016年10月4日 更新

京都ラーメンの代表格!聖地でも輝く半世紀変わらないこだわりの一杯!「珍遊 一乗寺本店」

聖地とよばられるラーメン激戦区でも、一際輝く老舗ラーメン店「珍遊 一乗寺本店」の紹介です。

聖地 一乗寺の老舗ラーメン店

 (57239)

ラーメン通りの一乗寺、多くのラーメン店がひしめく聖地のような場所ですが、その中でも人気の老舗「珍遊 一乗寺本店」の紹介です。

戦後間もない頃、屋台からはじめられた京都ラーメンの代表的なお店です。

支店は河原町六角と伏見区の大手筋にあります。
 (57240)

店内はカウンター席、大きめの丸テーブル、4人用のテーブル席になっています。
グループでもお一人さまででも、ふらっと寄れる感じになっています。
 (57241)

こちらは4人用のテーブルです。

この界隈で駐車場を用意されているお店は少ないんですが、珍遊では提携駐車場があり割引をうけることができるので、ありがたいです。

定食やお酒のアテメニューもあり

 (57242)

半世紀以上変わらないこだわりのラーメンをはじめとしたメニューはこちら。
ラーメンはこだわりの一種のみ。
麺の固さ、ねぎと背脂の量はお好みでオーダーできます。

ほかに焼き飯・餃子・唐揚げなどの定食メニューもあります。
 (57243)

裏面は単品メニューになっています。
おつまみメンマ、チャー盛り、三種盛りなどお酒のアテにピッタリなものもあります。

半世紀以上こだわりぬいたラーメン

 (57245)

中華そばに餃子とライスがついた餃子定食(900円)をオーダー。
もちろんネギは多めです。

いわゆる背脂をチャッチャしたラーメンです。背脂とネギが盛り沢山でいいですね~
 (57246)

セットの餃子です。焼き目はパリッと中はジューシーでさすがです。餃子も侮れません。
 (57247)

京都ラーメンと呼ばれる、代表的な一杯です。

背脂たっぷりなのですが、まったくくださはなく、この背脂がラーメンにコクと甘みを足してくれます。
ネギの食感と風味も最高です。
 (57248)

ガラ・丸鶏・モミジなどからじっくりとったスープです。コラーゲンもたっぷりに仕上がっています。
醤油のまろやかな風味も漂います。
 (57249)

麺はこだわりの中太のストレート。界隈ではお馴染みの製麺所、麺屋棣鄂と3代に渡り作り上げてきた特製麺です。

コシともちもち感が同居した他にはない麺です。

老舗の味をたっぷり堪能しました。一乗寺には多くのラーメン店ができましたが、老舗の変わらない味もいいですね。

比較的遅い24時まで営業されているも心強いです。みなさん、老舗の味をぜひ!

珍遊 一乗寺本店 クチコミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都ラーメンの老舗!期間限定メニューでも安定の無料ネギ入れ放題!!駐車場広々利便性よし☆「ラーメン横綱」【醍醐】

京都ラーメンの老舗!期間限定メニューでも安定の無料ネギ入れ放題!!駐車場広々利便性よし☆「ラーメン横綱」【醍醐】

外環状線沿いの地下鉄醍醐駅にほど近い場所。京都老舗ラーメンのチェーン店。ランチタイムを逃してしまい、通し営業しているこちらへ。期間限定メニュー・魚介豚骨ラーメンでも安定の無料ネギ入れ放題。
学生街に本格餃子の専門店がオープン!中華麺は380円!「福吉 一乗寺店」

学生街に本格餃子の専門店がオープン!中華麺は380円!「福吉 一乗寺店」

本店は深草にある「餃子専門店 福吉」がラーメン激戦区 一乗寺にオープンしました。餃子だけではなく、リーズナボーな中華麺も人気です!
京都ラーメンの真骨頂!3代に渡り愛される老舗ラーメン店「中華そば ますたに」@銀閣寺の巻っす

京都ラーメンの真骨頂!3代に渡り愛される老舗ラーメン店「中華そば ますたに」@銀閣寺の巻っす

背脂ちゃっちゃの京都ラーメンの代表的なお店「中華そば ますたに」さんっす。創業から約70年の老舗ラーメン店です。
【創業半世紀】一乗寺生まれの京都ラーメン「珍遊 」4店舗目は葛野大路四条に【開店】

【創業半世紀】一乗寺生まれの京都ラーメン「珍遊 」4店舗目は葛野大路四条に【開店】

京都ラーメンの代表格、一乗寺生まれの「珍遊 」。4店舗目となる「珍遊 葛野大路四条店」がオープンしましたので、ご紹介します。
京都ラーメンの歴史通にはハズせない幻の有名老舗店!ねぎ入れ放題も健在!!昭和テイスト香る☆「名門」【京都山科】

京都ラーメンの歴史通にはハズせない幻の有名老舗店!ねぎ入れ放題も健在!!昭和テイスト香る☆「名門」【京都山科】

かれこれ私も20年ぶりくらいです(笑)古いお店です。古いタイプの京都ラーメン好きには、今も絶大な人気店。ねぎ入れ放題やキムチサービスは相変わらず健在。久々に行ってきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン