2017年4月13日 更新

日本三大ラーメンのひとつ"喜多方ラーメン"を京都駅で!「坂内食堂(ばんないしょくどう)」

日本三大ラーメンのひとつと称される喜多方ラーメン。喜多方ラーメンを代表する坂内食堂が京都駅ビル10階にある京都拉麺小路に出店されているのでご紹介します。

日本三大ラーメンのひとつ「喜多方ラーメン」

 (77005)

日本三大ラーメンのひとつ喜多方ラーメン。なぜ京都ラーメンが入っていなんだとは思いますがそれは置いておいて、その喜多方ラーメンを代表する福島県の人気店「坂内食堂 京都店」をご紹介します。京都では唯一、京都駅ビル10階にある京都拉麺小路に出店されています。
 (77006)

「毎日食べられる美味しいラーメン」をコンセプトに、首都圏を中心に全国で40店舗以上展開されています。

基本メニューは、醬油風味の喜多方ラーメン一種のみで、トッピングは焼き豚やねぎ、焼き豚ご飯や餃子などのサイドメニューもあります。
入り口横に券売機がありますので、そちらで食券を購入してから入店してください。
 (77007)

テーブル席もありますのでグループでも使えます。
 (77008)

L字のカウンター席もあるので、おひとり様でもさくっと使えます。
 (77009)

カウンターの上には、かわいい赤べつです。赤べつとは、福島県会津地方の郷土玩具です。
厄除けのお守りとして重宝されているそうです。
 (77010)

坂内食堂の目玉と言えば旨トロ焼豚なので、ねぎもたっぷりのっている「ねぎ焼豚ラーメン(1040円)」にしました。
麺が見えないくらいたっぷりのった焼豚と、こんもりと盛られた白ネギが最高ですね。絵面も良好です。
 (77013)

この旨トロ焼豚が絶品なんです!毎日、店内仕込みをされていてこだわりまくりです。
とろけるように柔らかくて、まるで薄味の角煮のよう。ここでは焼豚を増しにすることを全力で推奨します。
 (77012)

喜多方ラーメンと言えば、平打ちの太め縮れ麺です。
麺はもちもちと、縮れ麺なのでスープの旨味によく絡んで美味しいですね。
 (77011)

スープは透き通った醬油風味の塩味スープです。豚骨の旨味をしっかり感じるものの全体的にはあっさりと。焼豚からも脂の旨味がが溶け出しスープと一体となり、塩がキリッと全体の味をまとめています。

焼豚と平打ちの太麺、スープが三位一体、それぞれの旨味がよく引き出され完成されたラーメンです。日本三大ラーメンとも呼ばれるのも納得の美味しさでした。
ぜひ福島の喜多方ラーメンを味わってください。ここでは焼豚増しで頂くのをとてもオススメします!

坂内食堂 京都店 クチコミ情報

坂内食堂 京都店 店舗情報

店名:坂内食堂 京都店
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901
京都駅ビル10F 京都拉麺小路内
電話番号:075-365-5070
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:なし
公式HP: http://ban-nai.com/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都代表の元祖背脂醬油ラーメン!京都駅直結で便利「ますたに 京都拉麺小路」

京都代表の元祖背脂醬油ラーメン!京都駅直結で便利「ますたに 京都拉麺小路」

京都駅ビル内の京都拉麺小路の「ますたに 」を紹介します。本店は北白川、昭和23年創業の元祖京都ラーメンのようなお店です。
つけ麺の元祖と言えばココ!京都駅ビル内「大勝軒 京都拉麺小路店」

つけ麺の元祖と言えばココ!京都駅ビル内「大勝軒 京都拉麺小路店」

京都駅ビル、京都拉麺小路にある「大勝軒 京都拉麺小路店」をご紹介します。つけ麺の元祖のラーメンとしてよく知られいます。
新潟県民がハマる豪快な濃厚味噌ラーメンを京都で!「東横(とうよこ)」【京都拉麺小路】

新潟県民がハマる豪快な濃厚味噌ラーメンを京都で!「東横(とうよこ)」【京都拉麺小路】

京都駅ビル10階、京都拉麺小路にある「東横(とうよこ)」の濃厚味噌ラーメンを頂いてきました。濃厚な味噌スープに極太麺にハマること間違いなし!
老舗居酒屋が本気のランチをはじめました!京都駅から徒歩すぐ「居酒屋 みなみ」

老舗居酒屋が本気のランチをはじめました!京都駅から徒歩すぐ「居酒屋 みなみ」

京都駅八条口から徒歩5分ほどの創業70年を超える老舗居酒屋「食楽部屋 居酒屋 みなみ 京都駅前」さん。5月からランチをスタートし、また夜までの通し営業に!昼飲みもできますね。
【京都駅前】昼営業ありの立ち呑み店!料理もお酒も驚きの安さとバリエーション☆「へそ」

【京都駅前】昼営業ありの立ち呑み店!料理もお酒も驚きの安さとバリエーション☆「へそ」

立ち飲み店も激戦区の京都駅前エリア。その中でも、昼間から営業していてランチタイムには定食メニューもあり。もちろん並行して立ち呑みもできて、驚きの安さとメニューバリエーション。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン