2017年1月6日 更新

京都最強とんかつ店の姉妹店!築百余年の京町家でしっぽり炭火串焼き☆「串くら本店」【烏丸御池】

わりと昔からある焼き鶏・串焼き店。ちょうどオフィス街にあり会社帰りのサラリーマンにも人気のよく知られたお店。そして、京都人なら誰もが知ってるあの老舗喫茶店がプロデュースするお店。

オフィス帰りのサラリーマンに人気の焼き鳥店という認識でしたが・・・

 (67816)

正月明け。最初行くハズだった府庁近くの店がまさかの満席。仕方なく他の店を探すも、正月で休業中の店多数。どこかないかな、とちょうどここを思い出して。

もう10年、いや20年くらい前に来た記憶。この近くに勤める友人と。卒なく美味しい焼き鳥屋だったな、という印象。で、久々に。
 (67817)

雰囲気がいいんですよね。築百余年の京町家。それにしても、このフォント見覚えあるなぁ~と。で、今回これを書くに当たって調べたら、こちらは京都で超おなじみの人気とんかつ店「かつくら」と同系列店。そして、さらに驚きだったのが、京都では老舗の喫茶店「リプトン」を運営する株式会社フクナガの傘下。全てが繋がっていたとは…
 (67818)

中に入ると待合室が正月らしい演出。
 (67819)

そして、こんな囲炉裏まで。ここで靴を脱いで。

いろんな客層のニーズに応える設え

 (67820)

急な入店だったんで、カウンターしか空いてなくて。けっこう大きな箱みたいです。個室が充実していて、ゆったりとくつろいで食事できるのがファミリー層にも人気みたいです。
 (67821)

しかも、個室もひとつひとつ設えが違うようで、趣きある雰囲気。こちらは入り口がにじり口方式になってます。こういうの、何気に子供にウケそうですね。そして、中には掘りごたつもあり。
 (67823)

で、カウンター席。炭火で焼かれています。ライブ感もあり、なかなか全体的にいい雰囲気です。
 (67824)

まずは飲み物メニューチェック。
 (67825)

京都の地酒も、伏見から洛中から京都府下までいろいろ充実してます。
 (67826)

さっそくビールでカンパ~イ!ぷはぁ~
 (67827)

で、突出し。これはちょっと変わってます。おいなりさんが。しかも、けっこう完成度高いいい稲荷寿司。突出しが〆みたいですが(笑)
 (67828)

さらに、ゆっくりと料理メニューを吟味。
 (67829)

いろいろと串焼き種類を稼ごうと、1本ずつ違う種類のものを注文することに。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都伏見】今年もやってくる!老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭り!!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

【京都伏見】今年もやってくる!老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭り!!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

毎年恒例イベント。酒処伏見の老舗酒蔵・山本本家の直営居酒屋・鳥せい本店の生ビール祭り。呑んだ生ビール分、もれなく缶ビールがプレゼント。
【京都西院】飲ん兵衛のツボを押さえた日本酒と料理の品ぞろえ!季節の食材にセンス光る☆「さかぶくろ」

【京都西院】飲ん兵衛のツボを押さえた日本酒と料理の品ぞろえ!季節の食材にセンス光る☆「さかぶくろ」

以前から西院エリアで飲む機会があったら行きたいと思ってたお店。結論から言うと、また行きたい!お酒も料理も飲ん兵衛には大歓喜なラインナップ。
【リニューアルオープン】マリモチックな鯛茶漬け必食!創業30年余り常連さんに支持される和食店「味野里香(みのりこ)」【烏丸御池】

【リニューアルオープン】マリモチックな鯛茶漬け必食!創業30年余り常連さんに支持される和食店「味野里香(みのりこ)」【烏丸御池】

知り合いのライターさんからオススメの和食店ということで、初訪問。全くノーマークでしたが、創業30年余りの年季の入った、この辺りではよく知られたお店だそう。今年6月リニューアルオープン。
【新店】京都屈指の3大ディープ酒場・珍味パラダイス!レアな日本酒もそろう☆「泰山木(たいざんぼく) 四富会館 」【四条富小路】

【新店】京都屈指の3大ディープ酒場・珍味パラダイス!レアな日本酒もそろう☆「泰山木(たいざんぼく) 四富会館 」【四条富小路】

ご存知京都3大ディープ酒場の四富会館。その中に、今年4月オープン。カウンター6席の小さな割烹。レアな珍味や日本酒がそろう本格派。
【新店】大人気の立ち飲み店待望の3店舗めオープン!オサレバーも加わりパワーアップ☆「すいば蛸薬師室町店」

【新店】大人気の立ち飲み店待望の3店舗めオープン!オサレバーも加わりパワーアップ☆「すいば蛸薬師室町店」

コスパ最強立ち飲み店としてファンの多いすいば。そのすいばが新たに3店舗めを展開。他店とはちがう設えでまた繁盛する予感。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな