2016年12月13日 更新

日本初の冷凍おせち発祥はここ京都から!多彩な京のおばんざいがそろう☆「京菜味のむら」【四条烏丸】

そろそろおせち準備のシーズン。最近は家で作るより買う方が年々増えているようです。そんな中、ここ京都に冷凍おせちのパイオニア的食品メーカーがあります。あまり知られていませんが。ご紹介します。

京のおばんざいを楽しめるお店ですが・・・

 (65370)

こちらは以前他のライターさんも紹介した、おばんざいの朝食、ランチが人気のお店。

烏丸蛸薬師 大注目の選べるおばんざい朝食!「京菜味のむら」【朝食】

烏丸蛸薬師 大注目の選べるおばんざい朝食!「京菜味のむら」【朝食】
詳細につきましては、こちらを御覧ください。
 (65369)

店内中央には坪庭もあり、すでに新年に向けての設え。
 (65372)

ゆったりとした落ち着いた設えの中で、こんなふうに朝食やランチをいただけるお店。

この時期はおせち食材もちらほら

 (65371)

このお店最大の特徴は小鉢に入ったおばんざいをチョイスできるファーストフード感覚の御食事処。そしてこの時期になると、日によって内容はちがいますが、黒豆煮や数の子、海老や八幡巻きといった、ちょっとおせち料理に入っているような小鉢が登場。
 (65368)

なぜなら、こちらのお店はもともと京都で最大手の冷凍おせちを手がけるメーカーの直営店。しかも、冷凍おせちとしては日本初。それだけ歴史は古く、いろいろな冷凍技術のノウハウを持っているということ。

そして、メーカーならでは。多種多様なニーズに応えるおせちをいろいろと展開。

まだ間に合います!早期注文割引もあります!!

 (65381)

こちらのお店でまだおせちの注文受付してるみたいです。こちらは定番のおせち。中にはすでに完売のものもありますが。
 (65382)

和洋折衷なオードブル要素強いおせち。お酒のアテとしてもよさそうです。
 (65383)

そして、こんな少人数用、お一人様用も。
いろんなシーンに合わせたおせちがいろいろ選べます。
 (65385)

さらに、今年ブームになったポケモンGOのあやかりおせち的な(笑)ちびっ子たちにも喜ばれそうですね。
 (65384)

そして、18日までにお店で注文すると特別価格で割安に。京の味わいが楽しめるおせちでハレの日を演出してください。

京菜味のむら への口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都四条烏丸】選べる京のおばんざいでチョイ呑み!オフィス街で通し営業がうれしい☆「京菜味のむら」

【京都四条烏丸】選べる京のおばんざいでチョイ呑み!オフィス街で通し営業がうれしい☆「京菜味のむら」

烏丸蛸薬師、オフィス街にある手軽にファーストフード感覚で京都のおばんざいを中心とした朝食やランチが食べられるお店。夜営業も開始されてて、しかもお得なちょい呑みセットも登場。
創業100年の昆布屋こだわりの"お出汁"をカフェ&バルスタイルで「おこぶ北淸(きたせ)」

創業100年の昆布屋こだわりの"お出汁"をカフェ&バルスタイルで「おこぶ北淸(きたせ)」

京都・伏見の中書島にオープンしたお出汁にこだわったおばんざいを頂ける「おこぶ北淸(きたせ)」です。昼はカフェ、夜はバルスタイルで気軽に立ち寄れるお店です。
京都市内で温泉入浴!産直野菜たっぷりの本格打ちたてうどんもあり!!まるごとリフレッシュ空間☆「力の湯」【伏見竹田】

京都市内で温泉入浴!産直野菜たっぷりの本格打ちたてうどんもあり!!まるごとリフレッシュ空間☆「力の湯」【伏見竹田】

複合施設敷地内にある日帰り温泉スペース。施設内にはレストランもあり、産直野菜がたっぷり入った本格打ちたてうどんも食べられる。スポーツに汗して、レストランでヘルシーメニュー、そして仕上げに温泉、と全部を一か所で叶えられる京都市内でも唯一の施設。
忍者ファン待望の京都アミューズメントレストラン!忍者が繰り出すマジックも必見!!NINJA KYOTO「京極忍びの里」【新京極】

忍者ファン待望の京都アミューズメントレストラン!忍者が繰り出すマジックも必見!!NINJA KYOTO「京極忍びの里」【新京極】

以前同じ場所にあった監獄レストランには行ったことありますが。今度は世界的に人気の忍者。何やらアミューズメント的なレストランが根付く場所のようです。
900円の寿司とおばんざいのお得ランチ!「すしと酒 手水や(ちょうずや)」@柳馬場蛸薬師の路地奥の巻っす

900円の寿司とおばんざいのお得ランチ!「すしと酒 手水や(ちょうずや)」@柳馬場蛸薬師の路地奥の巻っす

柳馬場蛸薬師の路地奥にあった魚戸いなせやさんが「すしと酒 手水や(ちょうずや)」にリニューアルオープン!お得な寿司ランチを頂いてきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers