2017年3月15日 更新

【雪の京都】幻想的すぎる積雪日限定のレアなライトアップ「貴船神社」

1月・2月の積雪日のみ開催される「貴船神社」の限定ライトアップの様子をお伝えします。1年でも数日しか実施されないレアなライトアップイベントです。

幻想的すぎる積雪日限定ライトアップ

 (69284)

貴船神社の冬季の開門時間は通常18時までなのですが、積雪日だけ20時まで延長されライトアップが開催されるのはご存知でしょうか。

この日は日曜日ということもあり多くの方がお越しでしたが、意外と知られていないので、タイミングが合えばぜひお越し頂きたいです。
 (69285)

さっそく積雪日限定ライトアップのハイライトになりますが、お馴染みの二の鳥居(南参道)はこの美しさ。朱色の灯籠、その灯籠から漏れる光と雪の白さがなんとも幻想的です。
 (69288)

下りからの二の鳥居。
 (69292)

灯籠にはこんなにも雪が積もっています。まるで雪国のような景色でした。
 (69291)

北参道もこの美しさです。
 (69289)

境内の灯籠は朱色ではなく、渋い木の本来の色。

その巡り合わせに感謝して、、

 (69280)

本殿で参拝を済ませます。実は貴船神社の創建が明記されているものは残っておらず、いつ創建されたかは不詳なんです。ただ約1300年に御社殿造替が行われたとの社殿が残っており、その歴史は1300年をさらにさかのぼります。
 (69279)

貴船神社と言えば、定番の水占みくじです。御神水の中に浸けると文字が浮かび上がってくるのですが、、、
御神水も凍っており、このような状況に(笑)
 (69281)

京都屈指の名水とも知られる貴船の神水。いかにも清らかで、神々しい佇まいです。
 (69282)

今や神社の必須アイテムである絵馬は、貴船神社が発祥と言われてます。
 (69283)

積雪日限定ライトアップ開催の決定は、なんと当日の15時です。開催が決定した日のみ、貴船神社のHPやSNSなどで告知されます。
もしタイミングが合えば、その巡り合わせに感謝して参拝しましょう。

ご注意頂きたいのが貴船神社へのアクセス方法です。貴船神社への道は狭くまた路面が凍結している可能性が高く、車での参拝はとても危険です。また貴船神社には駐車場がないので、公共の交通機関でお越しください。
開催日は叡電 貴船口から京都バスの臨時便も運行されています。ただ状況によって大変混雑するため雪山を歩く方が早いかもしれません。

1月と2月の積雪日のみで開催される限定ライトアップ、ハードルが高いイベントではありますが、その美しさは別格です。もしタイミングが合えば、行かれることを全力でオススメします。

貴船神社 クチコミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初夏の艶やかに光り輝く特別なひととき!「貴船神社の新緑ライトアップ」

初夏の艶やかに光り輝く特別なひととき!「貴船神社の新緑ライトアップ」

初夏を迎え青もみじが美しい貴船神社では期間限定で新緑ライトアップが行われています。生命力あふれる新緑の夜の表情をお届けます。
【京都日帰り小旅行】鞍馬貴船エリアのオススメスポット!川床も始まった!!新緑を求めて京の奥座敷へ☆

【京都日帰り小旅行】鞍馬貴船エリアのオススメスポット!川床も始まった!!新緑を求めて京の奥座敷へ☆

目に青葉が心地よいシーズン。そんな季節はどっぷり新緑を満喫できるスポット、鞍馬貴船エリアがオススメ。1日かけて小旅行感覚で回れるオススメスポットをまとめてました。
【京の奥座敷】貴船で釜飯やお蕎麦をリーズナブルに!夏季は川床もあり!「京貴船 伝兵衛(でんべ)」

【京の奥座敷】貴船で釜飯やお蕎麦をリーズナブルに!夏季は川床もあり!「京貴船 伝兵衛(でんべ)」

京都の奥座敷・貴船でリーズナブルにお食事が頂ける「京貴船 伝兵衛(でんべ)」です。おそばと釜めしが美味しいお店で、夏季には川床席もあります。
【京都貴船】節分豆まき発祥の地で笑って厄落とし!おばけ電車も出発!!「節分おばけ大笑い」

【京都貴船】節分豆まき発祥の地で笑って厄落とし!おばけ電車も出発!!「節分おばけ大笑い」

節分豆まき発祥の地が貴船って知りませんでした(笑)てっきり吉田神社かと。京都屈指のパワースポット貴船で、笑って笑って笑い倒して、さらにパワー増強しようという面白いイベントが企画されています。
京都の奥座敷・川床で有名な貴船初の日帰り温泉!大自然に抱かれる☆貴船温泉 水源の森 「天山之湯」

京都の奥座敷・川床で有名な貴船初の日帰り温泉!大自然に抱かれる☆貴船温泉 水源の森 「天山之湯」

2014年に貴船にオープンした、まだ新しめの日帰り温泉。四季を感じる露天風呂もあり、森林浴や川のせせらぎも体感できるロケーション。そして、ひっそりとした佇まいで穴場。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部