2017年2月9日 更新

京都人に絶大な人気!京都生まれの元祖串かつ居酒屋店!平日から地元愛であふれる☆「串八 本店」【北野白梅町】

もう日常使いの居酒屋。全国的に有名になったソース二度漬け禁止の大阪串かつより、京都人にとっての串かつはこちらが元祖。そして、串かつだけじゃなく焼き鳥もハズせない二大巨頭メニュー。今回は平日の夜に本店に行ってきました。

数十年ぶりに白梅町本店へ(笑)

 (71441)

この日は吉田神社の節分祭帰り。普段ならそのすぐ近くの串八百万遍店に行くのですが、満席だったんで久々に本店へ行くことに。平日ながらちゃんと予約しました。
 (71438)

最後に来たの、学生の頃か?てくらいあまり記憶にないくらい昔(笑)大体、本店、百万遍店、銀閣寺店のどれかに行く感じでした。昔からいつも人気で、学生からサラリーマンからファミリー層まで幅広く。

百万遍 京都生まれの老舗人気居酒屋!みんな大好き♡「串八」【グルメ】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。

百万遍 京都生まれの老舗人気居酒屋!みんな大好き♡「串八」【グルメ】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。
以前ご紹介した百万遍店の様子になります。
 (71439)

改めて見ると、隣に同じく串八の系列の寿司屋「傳七すし」。じつはそっちは行ったことありません(汗)串八オンリー。
 (71440)

今回はグループで予約してボックス席へ。格子越しからカウンター席。大盛況です。平日ですが、やはり満席。不動の人気ぶり。

いつものイラスト入りメニュー

 (71443)

いつもの串メニュー。こんなふうにほのぼのとしたイラスト入り。とにかく安い。1本50円~。季節の串かつもあります。

そして、焼き鳥も皆が必ず注文するデフォメニュー。こちらも1本100円前後。あと、串焼きも。とにかく本気食いしても、最後会計で安ッ!といつもそのコスパのよさに感心させられます。
 (71442)

単品もいろいろ。寿司類も充実。
 (71444)

この時の季節限定の串かつメニュー。

とりあえず3人で来たので、3本ずつ流すかんじでいろいろ串注文。
 (71445)

まずはビール。もっとお酒の味を知らない頃は、カルピス酎ハイばかりでしたが(笑)串かつ用ソースもウスター系と濃厚系の2種類をソース皿に入れて待機。
 (71446)

こんなザルに盛ってますよね、串八。そうそう、串八来たな私、てまた実感(笑)牛肉と豚肉。
 (71447)

創作系串かつ。アボカドとモッツァレラチーズの春巻きとささみ明太子。
 (71448)

専用のソースがつきます。モッツァレラがトロリ。
 (71449)

箸休めに生キャベツ、味噌ダレ付き。こんなにマンガ盛りで200円。安ッ!
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都・大衆居酒屋の聖地!昭和の空気にハマリます!四条河原町の「たつみ」

京都・大衆居酒屋の聖地!昭和の空気にハマリます!四条河原町の「たつみ」

四条河原町からすぐOPAの裏にある大衆居酒屋「たつみ」です。その昭和な空気が心地よくて、どっぷりハマってしまいそうになります(笑)
1本50円から!京都人が愛してやまない串カツチェーン店!「串八 新堀川店(くしはち)」

1本50円から!京都人が愛してやまない串カツチェーン店!「串八 新堀川店(くしはち)」

京都人が愛してやまない人気串カツチェーン店の「串八」。常に満席の人気店、今回は伏見区の新堀川店をご紹介します。
ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

いいお店というのは、自ずとリピート率高し。中途半端な午後3時過ぎ。それでも美味しいお酒とアテを求めるならここ。いつもは立ち呑みが多いんですが、今回は2階のテーブル席でゆっくりと堪能。
春が待ち遠しい!猛烈寒波で雪化粧の京都桜の名所!!「平野神社」【北野白梅町】

春が待ち遠しい!猛烈寒波で雪化粧の京都桜の名所!!「平野神社」【北野白梅町】

週末は数年に一度の猛烈寒波到来で街全体がすっぽりと雪化粧の京都市内。そんな朝に桜の名所としておなじみの平野神社に行ってきました。
京都最強とんかつ店の姉妹店!築百余年の京町家でしっぽり炭火串焼き☆「串くら本店」【烏丸御池】

京都最強とんかつ店の姉妹店!築百余年の京町家でしっぽり炭火串焼き☆「串くら本店」【烏丸御池】

わりと昔からある焼き鶏・串焼き店。ちょうどオフィス街にあり会社帰りのサラリーマンにも人気のよく知られたお店。そして、京都人なら誰もが知ってるあの老舗喫茶店がプロデュースするお店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな