2017年3月6日 更新

女性シェフによる本格イタリアン「La Cucina di I.K.U.(ラ クチーナ ディ イク))」

黄檗の駅前にある「La Cucina di I.K.U.(ラ クチーナ ディ イク))」でパスタランチなり。

女性シェフによる本格イタリアン

 (74195)

黄檗にイタリアンがあるじゃないの!と思い出す、店の名前はI.K.U.(イク)。イタリアで12年のコック経験を積まれた女性シェフが2年ほど前オープンされた、イタリア家庭料理のお店。
近隣に超有名パン屋さん「たま木亭」があって、その駐車場の斜め向かいにこういう可愛らしいお店があるのだ。
 (74196)

ランチメニューは¥1500のパスタランチのみ。パスタは3種類からチョイスできる。ショートパスタがよさそうだ!と店内に。カウンターが6席、6人掛けのテーブル1、4人掛け1、2人掛け2で カウンターにおひとり様1人、テーブルが1つ埋まっていた。
 (74197)

店内はやわらかな家庭的な雰囲気ですな。テーブル上においてあったグルタク岩間さんのグルメ本「もっと食べたい京都」を眺めつつ、お料理を待つのだ。
 (74198)

まずはデミカップに入ったミネストローネ。トマト系ではなく野菜のうまみ満載なブイヨン系なのだ。ほっとするお味。
 (74199)

これまた¥1500のランチ前菜とは思えないがっちり量、且つバランスの良いものが出てくる。小さな器に入っているのは、さっぱりした大麦のサラダ。パンに乗っているのはマグロで作ったトマトソース、合わせる野菜類もしっかりで非~常に嬉しい。いやー、期待以上にいいですなあ。
 (74200)

初志貫徹でお願いしたショートパスタ。直径10mm以上あるペンネ以上パッケリ以下的なくにくに食感のもの。ガーリックや唐辛子はごくごく控えめで、これまた非常に優しく毎日頂いても飽きないであろうなあ、と思いますな。量もしっかり!
 (74201)

〆はエスプレッソで。甘いものがほしい場合は+¥500で付けられます。 実は数日前たまたまFacebookでショートパスタの写真を拝見て、これは!と思ったのですが期待以上でした。
また、来ます~!

La Cucina di I.K.U.(ラ クチーナ ディ イク)クチコミ情報

#イタリアン #贅沢ランチ #グラスワイン #美味しい #土曜の幸せ💕

Sachiyo Mozumi Tsuyamaさん(@sachiyo.tsu)がシェアした投稿 -

La Cucina di I.K.U.(ラ クチーナ ディ イク)店舗情報

店名:La Cucina di I.K.U.(ラ クチーナ ディ イク)
住所:京都府宇治市五ヶ庄平野56-2 
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:日曜日
TEL:0774-66-5140
店舗HP: http://www.lacucinadiiku.com/
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イタリアで修業した女性シェフが作るイタリアの家庭料理「ラ クチーナ ディ イク」@黄檗

イタリアで修業した女性シェフが作るイタリアの家庭料理「ラ クチーナ ディ イク」@黄檗

黄檗のイタリアン食堂「ラ クチーナ ディ イク」。黄檗と言えば即答で、超人気パン屋の「たまき亭」を思いつく我々だが、明らかに住宅街でレストラン密度は高くない。
早くも伏見の人気店に!?リーズナブルで本格イタリアン「ピッコロバンビーノ」

早くも伏見の人気店に!?リーズナブルで本格イタリアン「ピッコロバンビーノ」

宇治・小倉にあった人気のイタリアン「ピッコロバンビーノ」が、伏見桃山に移転しリニューアルオープンしました!今回はパスタランチを頂きましたので、その様子をご紹介します☆
女子のハートわし掴み♡リーズナブルなイタリアンランチ【鞍馬口】

女子のハートわし掴み♡リーズナブルなイタリアンランチ【鞍馬口】

オサレカフェや、ディープな雰囲気のお店がどんどん増える鞍馬口ストリート こちらはとびきりお洒落で気軽さが嬉しいイタリアン【イタリア食堂 ガロッパーレ】
普段使いにピッタリなタップリ量のお手軽イタリアン「大扇食堂(だいせんしょくどう)」

普段使いにピッタリなタップリ量のお手軽イタリアン「大扇食堂(だいせんしょくどう)」

淀にあるお手軽イタリアン「大扇食堂(だいせんしょくどう)」でパスタランチなり。前菜、パン、パスタ、デザートいずれもたっぷりなボリューム。
本場の味を忠実に再現した老舗イタリアン「ながぐつ亭」@聖護院の巻っす

本場の味を忠実に再現した老舗イタリアン「ながぐつ亭」@聖護院の巻っす

窓からは水と緑豊かな景色が楽しめる聖護院の老舗イタリアンの「ながぐつ亭」でパスタ&ピッツァランチなり。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。