2017年2月5日 更新

全国的な人気!元祖デニッシュ食パンはサクっとしっとり!「京都祇園ボロニヤ 本店」

八坂神社から徒歩すぐ、デニッシュ食パンの元祖「京都祇園ボロニヤ 本店」です。全国にもファン多数のサクッとしっとりしたデニッシュ食パンです。

全国的な人気!デニッシュ食パンの元祖!

 (70290)

デニッシュ食パンの元祖「京都祇園ボロニヤ」です。東大路通り、八坂神社を北へ少しあがったところに店舗があります。
結構前ですが、すごい流行りましたよね。それこそ類似品が出回るくらいに一世を風靡しました。
初めて食べたときは、その食感と美味しさに衝撃をうけました(笑)
 (70295)

参考までにこちらは近所の古川町商店街にある旧店舗です。
 (70293)

割とコンパクトな店舗には、パンの甘い香りがいっぱいに広がります。

多くはありませんが、デニッシュ食パン以外も販売されています。

定番のあんぱんやクリームパンに、ピザパンのようなお惣菜系まで。人気のラスクも販売されています。
 (70294)

ミニサイズのはんなりデニッシュもあります。様々なテイストやフルーツが練り込まれている人気のシリーズです。
この日販売されていたの黒ごまチーズやメープル、チーズが練り込まれたデニッシュです。
 (70292)

こちらのはんなりデニッシュには果実が練り込まれていて、アップルシナモンや栗、紫芋、オレンジがありました。もちろん季節ごとにラインナップは変わります。

表面はサクッと中はしっとり!

 (70296)

定番のデニッシュ食パンはもちろん買って帰りますよね。1.5斤で700円と少し高めですが、納得の美味しさです。4、5、6枚切りとお好きな厚さを選ぶことができます。

特徴的な断面をしてして、これが美味しさの秘密ですね~
 (70297)

これまでの食パンとは違い、甘みたっぷりでトーストしたら表面はサクサクしてながら、中はしっとししていています。
軽くトーストして食べるのが、デニッシュ食パンの良さを最大限に引き出した食べ方のように思います。
紫芋のはんなりデニッシュもゴロゴロと紫芋が入ってしっとり濃厚な味わい。色味みもきれいで食卓が華やかになりますね。

久しぶりにデニッシュ食パンを頂きましたが、やっぱり美味しいですね。近くに寄ったらまた買ってみてください。通販などもされていますよ。

京都祇園ボロニヤ 本店 クチコミ情報

京都祇園ボロニヤ 本店 店舗情報

店名:京都祇園ボロニヤ 本店
住所:京都市東山区三条東大路下がる稲荷町南組577
電話番号:075-561-5837(本店)
営業時間:9:00~18:00
定休日:月曜 ※祝祭日の場合は営業いたします。
店舗HP:http://boloniya1979.com/j
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ゆったり時間が流れる古き良き「古川町商店街」をブラリ!度々ロケ地にも!

ゆったり時間が流れる古き良き「古川町商店街」をブラリ!度々ロケ地にも!

東山にある古き良きレトロ商店街「古川町商店街」をブラリしながらご紹介!ゆったり時間が流れるレトロな雰囲気がステキすぎです。
粋な京都祇園の一口パリパリ餃子復活!京の旦那衆や舞妓さん御用達☆祇園餃子処「泉門天」

粋な京都祇園の一口パリパリ餃子復活!京の旦那衆や舞妓さん御用達☆祇園餃子処「泉門天」

かつては京都では屈指の人気を誇る餃子店。業績が悪化のため一度倒産したが、名古屋の会社に経営権移り再開。変わらない美味しさと変わらない人気がまた復活。
祇園の真ん中で夜遅くまでこだわりのコーヒーとクロワッサンを!「祇園喫茶Rinken」

祇園の真ん中で夜遅くまでこだわりのコーヒーとクロワッサンを!「祇園喫茶Rinken」

祇園、祇園花月の裏手にある、喫茶店・パン屋・バーととても使い勝手のいいお店「祇園喫茶Rinken」をご紹介します。上七軒の人気パン屋「~Leu Coco Ryne~」をベーカリー部門として加わり、こだわりのクロワッサンやパンも頂けるようになりました。
”熟成日本酒”に特化した、祇園にある秘密基地的な日本酒バー「益や酒庫」

”熟成日本酒”に特化した、祇園にある秘密基地的な日本酒バー「益や酒庫」

花見小路を四条通から上がり1本目の筋を越えてから、右手(東)の路地奥にある秘密基地のような日本酒バー「益や酒庫」。四条条御幸町通上にある人気日本酒バル、益や酒店の2号店なり。
祇園白川すぐ!音楽も楽しめるオトナの隠れ家バー「Bar Jammin」

祇園白川すぐ!音楽も楽しめるオトナの隠れ家バー「Bar Jammin」

祇園白川からすぐ近く、祇園一番館の「Bar Jammin」をご紹介します。美味しいお酒だけではなく、時々ライブが行われたりと音楽好きの方にもオススメのバーになっています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン