2017年1月19日 更新

【京の奥座敷】貴船で釜飯やお蕎麦をリーズナブルに!夏季は川床もあり!「京貴船 伝兵衛(でんべ)」

京都の奥座敷・貴船でリーズナブルにお食事が頂ける「京貴船 伝兵衛(でんべ)」です。おそばと釜めしが美味しいお店で、夏季には川床席もあります。

貴船でリーズナブルにお食事を

 (69363)

雪が積もる京都の奥座敷・貴船、極寒の中温かいものが食べたいと寄ったのが「京貴船 伝兵衛(でんべ)」さんです。貴船神社から徒歩1分という立地です。

夏季には店舗前に川床が設営され、高級料理旅館が多い貴船エリアでは少ないリーズナブルにお食事が頂けるお店です。
 (69364)

2階建ての店舗は和風な佇まいで、天井も高く開放的です。
どこかロッジのような雰囲気も感じます。
 (69365)

こちらがメニューの一部ですが、メインはおそばと釜めしです。この日は釜めしにしましたが、山菜そばなども気になりますね。

寒い日は釜めしが最高!

 (69366)

釜めしが到着です。付出しが2品ついてきます。卓上で釜めしを炊いていき、固形燃料の火が消えたら炊き上がりのサインです!
付出しの生麩殿楽と切り干し大根も抜かりなく美味しかったです。

雪が降るほどの寒い日は、やっぱり熱燗が最高に美味しいです!
 (69370)

お吸い物と麩まんじゅうもついてきます。お吸い物は優しい味付けでほっこりします。麩まんじゅうは最後に食べましたが、これはお土産に買って帰りたいほど美味しいです。
 (69393)

釜めしが炊き上がるまで、熱燗のアテに付出しを頂きながら待つこと20分・・
 (69368)

釜飯がこの通りふっくらと炊き上がりました!五目釜めしの具材は人参、コンニャク、タケノコなど定番のものです。

蓋をあけた瞬間、釜めしのお出汁や醬油の香りがふわっとあたりに広がります。
 (69369)

釜めしの醍醐味は、このおこげです。
ふっくらと炊き上がったご飯には、お出汁と五目の味が詰まっていて最高ですね。五目の食感も楽しくて、誰もが好きな味ですよね。観光地ではありますが、味も確かなお店です。

貴船でご飯となると1人1万円からのお店も多いのですが、リーズナブルにお食事が楽しめるお店もありますよ~。
夏季の川床も楽しみです!

京貴船 伝兵衛(でんべ)クチコミ情報

京貴船 伝兵衛(でんべ)店舗情報

店名:京貴船 伝兵衛(でんべ)
住所:京都市左京区鞍馬貴船町39
電話番号:075-741-2228
営業時間:
【月〜金】11:00~17:00
【土・日・祝】11:00〜18:00
定休日:不定休
店舗Twitter: https://twitter.com/kibune_denbe
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都の奥座敷・川床で有名な貴船初の日帰り温泉!大自然に抱かれる☆貴船温泉 水源の森 「天山之湯」

京都の奥座敷・川床で有名な貴船初の日帰り温泉!大自然に抱かれる☆貴船温泉 水源の森 「天山之湯」

2014年に貴船にオープンした、まだ新しめの日帰り温泉。四季を感じる露天風呂もあり、森林浴や川のせせらぎも体感できるロケーション。そして、ひっそりとした佇まいで穴場。
【雪の京都】幻想的すぎる積雪日限定のレアなライトアップ「貴船神社」

【雪の京都】幻想的すぎる積雪日限定のレアなライトアップ「貴船神社」

1月・2月の積雪日のみ開催される「貴船神社」の限定ライトアップの様子をお伝えします。1年でも数日しか実施されないレアなライトアップイベントです。
【京都貴船】節分豆まき発祥の地で笑って厄落とし!おばけ電車も出発!!「節分おばけ大笑い」

【京都貴船】節分豆まき発祥の地で笑って厄落とし!おばけ電車も出発!!「節分おばけ大笑い」

節分豆まき発祥の地が貴船って知りませんでした(笑)てっきり吉田神社かと。京都屈指のパワースポット貴船で、笑って笑って笑い倒して、さらにパワー増強しようという面白いイベントが企画されています。
【京都名水めぐり】世界に誇れる京都ナンバーワンのパワースポット名水!奇跡の水とも称される神水☆「貴船神社」

【京都名水めぐり】世界に誇れる京都ナンバーワンのパワースポット名水!奇跡の水とも称される神水☆「貴船神社」

名水シリーズでここを忘れてはいけません。最強ですここ。何しろ、水の神様をお祀りする神社の湧き水ですから。今回はそんな京都随一の名水の湧く貴船神社へ。
【京都貴船】釣り人は参拝すべき!丑の刻参りのわら人形はホントにあるの!?「貴船神社奥宮」

【京都貴船】釣り人は参拝すべき!丑の刻参りのわら人形はホントにあるの!?「貴船神社奥宮」

貴船神社本宮参拝に引き続き、さらに奥宮へ。以前はこちらが本宮で「黄船宮」と崇められた源の社。船舶関係者の海の安全の守護神・船玉神への信仰厚く、境内には舟形の石も。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部