2017年8月5日 更新

肉好きには大推薦の新店!御所南の「HUNTER(ハンター)」

御所南、東洞院通夷川にできた新店「HUNTER(ハンター)」なり。肉料理を軸にした洋食といった感じ。

カテゴリーを超えた新店

 (89619)

カテゴリをフレンチにして書き始めたのですが、肉料理を軸にした洋食、でもハンバーグはありません的な分類はなんだか難しい一軒、が、肉好きなら確実喜んでもらえそうな予感な今年3月オープンのニューカマー「HUNTER」。
場所は御所南、東洞院通夷川下ル(ほんの20m、南側)にあります。40代前かなあぐらいのシェフ、それに女性1人で回されている、これまた奥に向かって細長い京都的ミニマム店。が、空間の使い方はゆったりめ。 カウンターが8席だか、2人テーブルが1、奥に4に人掛けテーブル2、かな。 
 (89620)

こういう感じで、ウッディーかつなかなか洒落た雰囲気。我々は予約時にカウンターをお願いしていて、するりと席確保なり。
 (89621)

カウンターの前の壁に結構明るい光源があり、常時逆光。カウンターでのカメラ撮影はかなり難しい(滝汗)かもですな。ま、こんな雰囲気です。
 (89622)

夜メニューがこちら。メインは放牧牛のグリルは¥2500なのに400gもあるという笑っちゃうメニューで、それ以外の肉料理も250gオーバーのしっかり系、かつお手頃価格帯。ソーセージとマグレ鴨を推薦して頂いたのだ。で、素直にお勧めを頂くことに。
 (89623)

前菜盛り合わせは¥2000なり。上に大量に乗っかっているサツマイモチップスで中身が伺いしれませんが、これが非常にお値打ち!なのだ。
 (89624)

取り分けした図。これでざっと先の皿の3割ほど。肉類は生ハム2種とサラミ、バゲットに乗った豚リエット。それに野菜類が豊富で先の胡椒が効いたサツマイモチップス、ヤングコーン、紫キャベツはマリネかな。それに茄子などの夏野菜のカポナータとてんこ盛り盛り。いやーこれはワインが進む!と思ったので、赤の軽い目のを!とボトルを推薦してもらうのだ。
 (89625)

肉料理のお店でちょくちょくお見掛けする猪ボトル。Piemonte BARBERA2013で確か¥3500なり。ま、糖分はあまり感じないするすると呑めてしまうタイプ。

ここでしか食べられない肉料理

 (89638)

お次は非常に立派な自家製ソーセージ。豚ですが、荒びき肉と細引き肉のバランスばっちりで、ぶりぶり且つ非常にジューシー。いやー、これはありえない旨さの¥1200なり。お勧めします!
 (89626)

マグレ鴨の炭焼は¥2400なり。これも250g超!という2人でもしっかり味わえる量なのが、鴨好きには超超超!嬉しい。焼き加減はごらんのようにバッチリ。皮目がしっかりと火が入り香ばしいのに、噛みしめると肉汁ほとばしる!のですな。鴨に隠れていますが甘口タレに、皿の上の万願寺唐辛子ピュレのソースが非常に良いバランス。 
見事です!
 (89627)

旨い旨いと瞬く間に鴨を平らげたのだが、まだ何か食べたい気分。こちらではそういう場合用の〆メニューに、分厚い豚バラ肉を使ったホットサンドイッチがスタンバっているのですが、超悩んでこれを追加。
それがこちら、イベリコ豚のカツレツ¥1200なり。いやー見事なビジュアル。で、割りますよと・・
 (89628)

ホロホロになるまで下茹でしたものを揚げている非常に手のかかったメニューなのだ。ざくざくの衣とほろっととろける肉が見事な一体感を見せる一品。味付けは非常に控えめなのも気に入ったのですな。これもパンと合わせると旨いでしょうなあ。
 (89629)

お隣のテーブル用のサンドイッチが出来上がるのを観察しつつ、お次に行きたいお店があったのでご馳走様!ということに。以上で〆て¥14000なにがしだったように記憶。いやーこれはまたお手頃で使いやすいですなあ。フレンチというより非常に見事な洋食屋さん、のような感じでした。(某、松原通のお店を思い出しますな・・・)

このコストでこういうメニューを出されている限り、全メニューを制覇したい一軒が追加された夜ですな。
たぶん、近日再訪予定です~。

HUNTER(ハンター) 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】京都の美食家注目のガストロノミー料理!和のテイストを用いたフレンチ「Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)」【御所南】

【新店】京都の美食家注目のガストロノミー料理!和のテイストを用いたフレンチ「Kyo gastronomy KOZO (キョウ ガストロノミー コウゾウ)」【御所南】

この4月にオープンした新しいレストラン。美食家の間で注目のガストロノミー要素を取り入れたフレンチ店。いや、和のテイストも(笑)どんなアプローチか気になってランチに行ってきました。
【新店】蕎麦の香りと旨味をストレートに「手打ち蕎麦みながわ」@御池新町の巻っす

【新店】蕎麦の香りと旨味をストレートに「手打ち蕎麦みながわ」@御池新町の巻っす

御池新町北西側、スーパーのフレスコの並びに北白川のみながわさん姉妹店「手打ち蕎麦みながわ」がオープンしました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。