2016年4月27日 更新

【京都の春の風物詩】磨き抜かれた技芸を堪能!祇園で楽しむ「都をどり」

京都の春を告げる行事の1つ、都をどり。明治5年から続く、京都の春を彩る定例の催し物だ。

2016年の今年、なんと144回目の開催なのだ。公式HPからネット予約が可能で、週末は大人気。
 (29723)

予約を入れた当日、開園1時間30分ほど前にやってきた、祇園新地甲部歌舞練場。

先にチケットをもらおうということに。
 (29724)

開催期間は4/1~4/30、期間中は12:30、14:00、15:30、16:30の1日4回公演があるのだ。当然、良い時間は満席。
 (29725)

ネットで予約していると、スマホで予約画面を見せるとチケットと引き換えてくれるシステム。意外にハイテク(死語)なのだ。事前に、踊りの前にお茶とお菓子が頂ける茶席がついているチケット¥4800を購入。

立派なお庭を堪能

 (29726)

12:30の席はお茶席が始まる11:15に入場できる。入場すると、舞妓さんや芸子さんの鍛錬が伺える生け花や書、絵画を拝見できて、お土産ブースのあとにこういうお庭前で、時間待ちすることになるのだ。しかし、想像以上に立派なお庭ですな。。
 (29727)

紅枝垂れ桜が、そろそろ散り仕舞のタイミング。しかし、四条周辺にあるお庭の中では、こちらはダントツに美しいかも。
 (29728)

紅枝垂れ桜は、もう数日で枯れてしまいそうな、五月を思い出しそうなうららかな日。
 (29746)

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【祇園】ヨ~イヤサ~♪芸舞妓Haaaaan!の春の祭典「都をどり」の観覧券予約開始!【イベント】

【祇園】ヨ~イヤサ~♪芸舞妓Haaaaan!の春の祭典「都をどり」の観覧券予約開始!【イベント】

祇園で春の風物詩といえばこれ。祇園の芸舞妓さんが華やかに舞う春の祭典「都をどり」。すでに公演予定の観覧券の予約も開始しました。ご紹介します~
【京都・祇園】備長炭で焼き上げた和牛串焼きとスンドゥブが旨い!「あぶり家 ぶんぞう」

【京都・祇園】備長炭で焼き上げた和牛串焼きとスンドゥブが旨い!「あぶり家 ぶんぞう」

祇園・花見小路に昨年11月にオープンした「あぶり家 ぶんぞう」のご紹介です。備長炭で焼いて和牛串焼きとズンドュブが旨い!
心も体もホッと温まる優しい味のおうどんは寒い日にとってもおススメ!「祇園 おかる」

心も体もホッと温まる優しい味のおうどんは寒い日にとってもおススメ!「祇園 おかる」

寒い日にオススメのうどん屋さんをご紹介させて頂きますね!大正14年創業 「祇園のおかる」です。
祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

座の南側、川端通り沿いにあったワインサロン「ピノ太郎」が、祇園に移転リニューアルなり。今回はワインが呑める中華バル的なメニュー編成に。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

スイカ小太郎。 スイカ小太郎。