2017年4月17日 更新

【京都西本願寺】金閣寺・銀閣寺にならぶ京都三名閣も!今だけ無料特別拝観で境内ぐるっと観光☆「飛雲閣・書院」

たまたま取材で行ったお寺の方に、いま特別拝観してて次いつ見れるかわからないから行ったほうがいい!と薦められて。浄土真宗本願寺派の本山の本願寺。通称お西さんへ

浄土真宗本願寺派の 本山

 (77748)

京都駅北側。本願寺には通称「西本願寺」と「東本願寺」があり、初代の親鸞から十一代の門主 「顕如(けんにょ)」までは東西本願寺は同じ宗派。西の十二代目が「准如(じゅんにょ)」、東の十二代目が「教如(きょうにょ)」と分裂し、以降西本願寺は浄土真宗本願寺派の本山、東本願寺は真宗大谷派の本山に。

立地的なことで、さらに地元民の間では「お西さん」「お東さん」と呼ばれています。今回はお西さんへ
 (77749)

京都駅すぐ北にあるお東さんは近いので行く機会あるんですが、お西さんをちゃんと観光するのはあまり機会なくて(笑)ただ、どちらも境内がかなり広く、とくに御影堂や阿弥陀堂は圧巻なスケールという印象。
 (77750)

じつは今回初拝観。案外地元民のほうが神社仏閣に疎かったりします(言い訳笑)。京都三名閣のひとつ。あ、銀閣寺も中入ったことないかも(爆)
 (77751)

これを逃すとつぎは何年先になるかわからないそうです。しかも無料拝観なんで、行かない手はないです。
 (77752)

秀吉が建てた聚楽第(じゅらくだい)の一部ともいわれており、三層からなる楼閣(ろうかく)建築。
 (77755)

 (77756)

 (77753)

左右非対称になっていて、窓枠やら彩色やらに秀吉好みな雰囲気の意匠が垣間見れます。
 (77754)

離れにはお風呂があり、天井高い設計は蒸し風呂として機能していたことから。
 (77760)

 (77758)

お茶席2000円で中に入ることも可能。当時の雰囲気を体感しながら過ごせます。またとない機会ですね。
 (77759)

鐘楼もデコレーション具合が豪華です。

国宝・書院も無料特別拝観中

 (77761)

飛雲閣、から境内西へ。こちらが書院入り口。今回こちらも無料拝観中。残念ながら、中は撮影禁止ですが、絢爛豪華な造りになっていて、欄間や襖絵、天井画に至るまで、当時の財力をフル活用したことがうかがえる息を呑む佇まい。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都ランドマーク】地元民スルーのテッパン観光スポットにあえて登ってきた!意外と楽しかった!!開業から52年☆「京都タワー」

【京都ランドマーク】地元民スルーのテッパン観光スポットにあえて登ってきた!意外と楽しかった!!開業から52年☆「京都タワー」

もうタイトルが小学生の夏休み体験記化してますが(笑)ここは童心にもどって楽しむ観光スポットということで。有名すぎて、地元民は行く機会が少ない場所。だがしかし、行ってみるとなかなかの穴場スポットで楽しめる!
【京都駅前】昨年からオープン!利便性よく手続きもスムーズに☆「京都駅前運転免許更新センター」

【京都駅前】昨年からオープン!利便性よく手続きもスムーズに☆「京都駅前運転免許更新センター」

昨年9月にオープンした京都駅前運転免許更新センター。今までアクセスが不便な羽束師の運転免許試験場まで出向いていましたが、便利な京都駅前に立地。更新手続きも今まで以上にスムーズに。
【新店】京都駅前に6月オープン!こだわりのクラフトビールとナポリピッツァをカジュアルに☆「クラフトビール&ピザ 100K」

【新店】京都駅前に6月オープン!こだわりのクラフトビールとナポリピッツァをカジュアルに☆「クラフトビール&ピザ 100K」

新店ラッシュで最近盛り上がる京都駅前。こちらも6月7日オープンのお店。クラフトマンのこだわりビールとナポリピッツァがウリ。この日はたまたま通りかかってランチに行ってきました。
6色が織りなす新感覚和菓子!創業200年余の老舗が打ち出す新ブランド「鶴屋吉信IRODORI 」【京都駅八条口】

6色が織りなす新感覚和菓子!創業200年余の老舗が打ち出す新ブランド「鶴屋吉信IRODORI 」【京都駅八条口】

創業200年余の老舗和菓子・鶴屋吉信。伝統ある京菓子を守りつつ、さらなる進化を求めて京都駅八条口に新ブランドを展開。全国でここ京都駅だけの出店。和モダンな新感覚の和菓子が目にも鮮やか。
【京都駅構内】京都人の国民食的パン『カルネ』の志津屋が手がける高級あんぱん専門店☆「シズヤパン」

【京都駅構内】京都人の国民食的パン『カルネ』の志津屋が手がける高級あんぱん専門店☆「シズヤパン」

京都人が愛する国民食的パン『カルネ』。創業70年の老舗ベーカリー志津屋がさらに一歩進んで、あんぱんに特化した専門店を京都駅構内にオープン。ご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな