2016年12月15日 更新

【京都桂】こんなん初めて!進化系タマゴサンドのモーニング!!CPよしの人気カフェ「クローバー」

桂にある朝から人気のカフェ。お目当てはCP最強のモーニング。そして、タマゴサンドもこのお店ならではのオリジナリティが。

駐車場はいっぱいで客足は絶えることなく

 (65356)

この界隈は疎いほうなんですが、以前一度このお店にモーニング食べに来ることがあって。で、ちょっと面白いタマゴサンドだったな、と思い出して再訪。
 (65355)

こんな大きな一軒家というか洋館というか。そして、駐車場もそこそこ広いんですが日曜朝8時でほぼ満車。前来たときもそうでしたが、人気店。
 (65357)

わりと広々とした店内。禁煙ということで2階へ。お姫様の邸宅的らせん階段を登って。
 (65358)

で、2階はゆったりスペースでちょっとしたサロン風。ソファーもクッションがふかふかでゆったり長居できる雰囲気。テラス席もあり。

人気のモーニングメニュー

 (65359)

こちらは好きなドリンク類にトーストやらサラダを選んで会計合算スタイル。いろいろとカスタマイズできます。
 (65360)

サンドイッチもレギュラーサイズとハーフサイズあり。
 (65361)

そして、ドリンク類。

今回はタマゴ、ハムのミックスサンドのハーフ150円とカフェラテ440円で590円のセットを注文。
 (65362)

で、まずカフェラテがきました。けっこうたっぷりとあります。香りたかく美味しいです。
 (65363)

タマゴとハムのミックスサンドのハーフサイズ。これでハーフ?てくらいのボリューム。トーストもかなり分厚く、フードは全般ボリューミー。
 (65365)

友人が注文したタマゴサンド。キュウリが入っています。タマゴはよくある関西風厚焼き玉子なんですが・・・
 (65366)

異物混入や蟻が入ってるわけではありませんよ(笑)
この玉子に入っている黒のプツプツ、ひじきです。目立ちます。そして、薄くスライスされたハム3枚。食べてみると、べつにひじき煮的和風味がする、とかそんな感じでもなく、あくまでも玉子焼きの味。でも、こんなふうにひじきが入っていると、なんだか栄養的にバランスがとれてる感がします。

私もこれまで、いろんな厚焼き系タマゴサンド食べてきましたが、こういうタイプはここしか知りません。
 (65367)

何気にパンがふわふわモチモチで美味しいですここ。で、うれしいことに耳付き。だから余計ボリューム感。
人気なのがわかる満足度高いモーニング。CPいいです。進化系タマゴサンドといってもいいですね。

ヨ~イヤサ~♪

クローバー への口コミ

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

冬の京都老舗和菓子店の醍醐味は京風白味噌雑煮!一足お先に新年気分☆御菓子司「中村軒」【京都桂離宮スグ】

冬の京都老舗和菓子店の醍醐味は京風白味噌雑煮!一足お先に新年気分☆御菓子司「中村軒」【京都桂離宮スグ】

創業明治16年の老舗和菓子店。夏場のかき氷は有名で行列ができるほど。でも、冬も名物メニューがあるんですよ。
町家づくりの超人気コーヒー専門店モーニング!焙煎工程も堪能できる驚きの空間☆「市川屋珈琲」【京都清水寺周辺】

町家づくりの超人気コーヒー専門店モーニング!焙煎工程も堪能できる驚きの空間☆「市川屋珈琲」【京都清水寺周辺】

オープン当初から話題沸騰の人気自家焙煎コーヒーが評判のお店。ちょうど近くでの紅葉観光の合間にモーニングを頂いてきました。
【保存版】朝食ならまずココは必訪!京都オススメの老舗カフェモーニング【厳選5店】【まとめ】

【保存版】朝食ならまずココは必訪!京都オススメの老舗カフェモーニング【厳選5店】【まとめ】

朝食シリーズ、第二弾。片泊まりで朝食は外で、という方には、押さえていただきたい朝食。もう、全国的にも知られているお店もちらほら。今回はそんなモーニングを集めてみました。
【京都東福寺スグ】紅葉観光前にコスパよすぎの和みカフェモーニング!「パンとコーヒーとひらりんと」

【京都東福寺スグ】紅葉観光前にコスパよすぎの和みカフェモーニング!「パンとコーヒーとひらりんと」

紅葉スポットとして名高い東福寺近くにある、一軒家のカフェ。朝7時オープンで、コスパいい和みモーニング。紅葉観光する前の腹ごしらえに立ち寄りました。
【新店】福井生まれで名古屋方式のモーニング!トリッキーなくつろぎトイレは新名所?「ビリオン珈琲」【北白川】

【新店】福井生まれで名古屋方式のモーニング!トリッキーなくつろぎトイレは新名所?「ビリオン珈琲」【北白川】

タイトルに情報盛りすぎ(笑)8月オープンの真新しいカフェ。福井にある会社が手がける名古屋方式のカフェ。落ち着いた雰囲気の中、モーニングを頂いてきました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな