2016年12月17日 更新

【嵐山】日本家屋をリノベした別格の『和』カフェ!日本庭園が広がる「イクスカフェ 嵐山本店」

日本を代表する観光地「嵐山」。風情たっぷりのお店が立ち並ぶ場所ですが、日本家屋をリノベした本格的な和カフェ「イクスカフェ 嵐山本店」をご紹介します。

風情たっぷりの日本家屋をリノベした和カフェ

 (65891)

日本を代表する名勝 嵐山にある人気の和カフェ「イクスカフェ 嵐山本店 」です。嵐山のメインストリート長辻通から路地ははいった場所に位置する旧邸宅をリノベーションしたステキなカフェです。
 (65984)

扉を開けると京都らしい和の空間が広がります。レジカウンター周辺の壁は竹細工で和の雰囲気を演出してくれます。
 (65893)

イクスカフェの自慢はこの景色!敷地内には日本庭園があり、大きな窓からはこの風景が広がります。春夏秋冬、様々な表情を見せてくれます。
ソファもゆったり仕様でまったりできます。
 (65982)

特等席はこのお席。お店自慢の日本庭園を二人だけの空間で楽しむことができます。
 (65892)

ソファ席、テーブル席、畳席など、観光地でありながら使い勝手もバツグンです。
 (65977)

さながら料亭のような雰囲気の和室です。カップル、ご友人、ご家族など、どなたでも気軽に本格的な和カフェが楽しめます。

日本庭園を眺めながらスイーツ&カフェタイム

 (65981)

この時期、オススメなのが「ほくほく、お団子セット(1,220円)」です。期間限定ですが、夏以外は販売されています。

よもぎとしろ串団子、お抹茶のセットになっています。
 (65978)

炭火でお団子をコロコロしながら、炙ります。香ばしく、焼き目がついたら出来上がりです。
炭火がほのかに温かくホッコリすること間違いなしのセットです。
 (65979)

お団子をちょんちょんとみたらし餡につけて頂きます。

香ばしくモチモチのお団子にほどよい甘さの餡が美味しく、また渋いお抹茶との相性もバツグンです。まさに至福のほっこりタイム。
 (65983)

素材にこだわりセンスあふれる甘味とドリンクがそろった和カフェで、目の前にはこの日本庭園が広がります。

「名勝 嵐山」らしい本格和カフェでゆったりと甘味&カフェタイムをお過ごしください。

イクスカフェ 嵐山本店  クチコミ情報

イクスカフェ 嵐山本店 店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

嵐山特集② 渡月橋が見える気さくな甘味処「cafe deえむ」【観光】【スイーツ】

嵐山特集② 渡月橋が見える気さくな甘味処「cafe deえむ」【観光】【スイーツ】

嵐山特集の第2弾は、渡月橋からすぐそこの、嵐山公園 中の島地区のカフェ「cafe deえむ」です。
京都三大老舗旅館・俵屋旅館が手がけるカフェ!絶品わらび餅と至高のおもてなし空間☆「遊形 サロン・ド・テ(ゆうけい)」【京都市役所スグ】

京都三大老舗旅館・俵屋旅館が手がけるカフェ!絶品わらび餅と至高のおもてなし空間☆「遊形 サロン・ド・テ(ゆうけい)」【京都市役所スグ】

創業300年の歴史を持ち、京都で最も古い旅館の一つ・俵屋旅館。その老舗旅館が手がけるカフェ。そこには最高の設えとおもてなし、そして絶品のわらび餅が。
本来の空気に戻るとき…黄昏時の嵯峨がとても好き♡【MOMI CAFE】

本来の空気に戻るとき…黄昏時の嵯峨がとても好き♡【MOMI CAFE】

「精進ごはんランチ」が人気の【MOMI CAFE】少し奥まった場所なのでハイシーズンを除けば夕方にもなれば観光客もまばら…本来の田舎感のある嵯峨の雰囲気を楽しめます
【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

以前お花見の時に友人が持参してて、なんてカワイイ花見だんご!さすが祗園!!と皆絶賛。創業300年の老舗京菓子店で、名物くずきりでおなじみ。今回は季節限定の三色だんごです。
11/20「TETRA MARCHE(テトラ マルシェ)」奥嵯峨「Tetra-milieu(テトラミリュー)」にて開催【イベント】

11/20「TETRA MARCHE(テトラ マルシェ)」奥嵯峨「Tetra-milieu(テトラミリュー)」にて開催【イベント】

奥嵯峨のテキスタイルデザイン&カフェ「Tetra-milieu」で毎年2回開催される「TETRA MARCHE」の季節がやってきました!こだわりのショップが集合、小規模ながらもクオリティの高さから回を重ねるごとに人気の高まっているマルシェです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし