2017年3月17日 更新

【ニューオープン】京都極上のホテルビュッフェモーニング!夢見心地なラグジュアリー空間☆フォーシーズンズホテル京都【東山七条】

長編ですよ(閲覧注意)まだオープンして半年経ってないんで「ニューオープン」でセーフということで(笑)昨年10月東山七条にオープンしたホテル内にあるレストランでなんとも贅沢なビュッフェモーニングをいただいてきました!

東山七条に昨年10月オープン!

 (75418)

オープン当初かなり話題になってて、ずっと偵察に来たいと思いつつ、ようやく。
世界各国に展開しているカナダの国際的なホテルチェーン、フォーシーズンズホテルズ&リゾーツ。東京・丸の内にもあり、昨年10月、ここ京都・東山七条にオープン。日本には現在その2つ。
 (75384)

この日、早朝の神社仏閣観光後、こちらで朝食をとろうと予約を入れて。宿泊客じゃなくても空きがあれば利用できますが、この日は100人が朝食利用されるとこのとで早めにお越しください、と7時頃訪問。て、世の中どんだけ好景気やねん!と。
 (75385)

朝ということもあるのか、とても静かで壮観なアプローチ。一旦ここで車を止め、ホテルの方にキーを渡して。こういうエントランスの屋根の感じも、木のあたたかみとスタイリッシュさが同居するような。
 (75386)

広めのロビー。そして、こんなディスプレイ。ここまで来ると、「和」は素材として活用される感じですかね。多少リゾート色も。

こちらのホテルはマレーシアの企業が出資してることもあってか、どこか南国テイストな部分を随所に感じられます。
 (75387)

そして、今回朝食をいただくレストラン「ブラッスリー」。150席 ある広々空間。
 (75388)

高い吹き抜け天井と朝の光がふんだんに差し込む大きな窓。
 (75390)

庭園を望むオープンテラス席56席あり。
 (75391)

ストーブも完備され、こんなカップルチェアも。
 (75392)

平安末期から現存する貴重な庭園「積翠園」。その先に東屋があり、そこで夜はバー営業してるんだとか。ステキすぎるロケーション。
 (75394)

テーブルもいろいろ演出ちがい、気分に合わせて選べます。窓際もよかったんですが、リゾート風竹籠様のパーテーションあるテーブルをチョイス。ランプシェード、着物の絞りをアレンジしたもの。こんな使い方もステキ。
 (75393)

で、朝食メニュー。ブレックファーストビュッフェ4800円を。他にも和朝食などありましたが。そして、卵料理はこの中から、エッグベネディクト、トリュフ風味の温泉卵をチョイス。

いざ、ビュッフェモーニングスタート!

 (75395)

保温ヒーターに乗ったストウブ製鍋がズラリ。ソーセージやベーコン、焼き野菜が。見るからに美味しそう。

とにかく、全般通してディスプレイ、盛り付けの美的感覚が素晴らしく、朝食に訪れた客は日本人、外国人問わず皆思わず画像撮ってしまうほど。
42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都お寺に泊まる】早起きは三文の得!朝のお勤めと国宝観賞にお茶菓子接待も☆2日目「智積院会館」【東山七条】

【京都お寺に泊まる】早起きは三文の得!朝のお勤めと国宝観賞にお茶菓子接待も☆2日目「智積院会館」【東山七条】

智積院宿坊2日目。早朝のお勤めに始まり、普段有料拝観エリアの国宝を観賞しつつ、終了後は滋味あふれる朝食。
【京都国立博物館スグ】古民家リノベーションのまったり和み空間カフェ「東山パイン」

【京都国立博物館スグ】古民家リノベーションのまったり和み空間カフェ「東山パイン」

龍馬展鑑賞の合間のひと休みに、ちょうど博物館の西隣にあるカフェへ。前から気になりつつ初訪。
三十三間堂近くにあるコスパ良好の隠れ家的寿司店「東寿司(あずますし)」

三十三間堂近くにあるコスパ良好の隠れ家的寿司店「東寿司(あずますし)」

豊国神社や三十三間堂からも徒歩圏内、七条通りから一本入った路地にある隠れ家的な寿司店「東寿司(あずますし)」です。美味しいお寿司がお手軽価格で頂けるとあって、地元民から観光客まで幅広く人気です。
京都の羊羹「天の川」が美しすぎて食べられない!「七條甘春堂 本店」【限定販売】

京都の羊羹「天の川」が美しすぎて食べられない!「七條甘春堂 本店」【限定販売】

七条に本店を置く「七條甘春堂 本店」。6月~8月限定の美しすぎる羊羹「天の川」はご存知ですか?プレゼントにも喜ばれること間違いなしの一品です。
【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

あえて関西なんで、アイスコーヒーを「レーコー」と呼んでみました(笑)京都ではわりと老舗カフェ。市内に何店舗かある中、こちらは絶好のロケーション。京都国立博物館にあります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな