2016年11月22日 更新

あの漆黒スープとヤキメシが一乗寺に!新福菜館のDNAを受け継ぐラーメン店「麺屋 龍玄」

長年、新福菜館で修業された店主が一乗寺エリアにラーメン店をオープンさせました!その名も「麺屋 龍玄」。新福菜館ファンにもオススメしたい一杯です。

新福菜館のDNAを受け継ぐラーメン店

 (63001)

長年新福菜館で修業された店主が一乗寺にラーメン店をオープン、その名も「麺屋 龍玄」さん。あの新福菜館のDNAを受け継ぐラーメン店です。
一乗寺と言えばラーメン街道が有名ですが、同じ一乗寺でも駅の東側、白川通に近い立地です。
 (63002)

店内はきれいで清潔感あり。
カウンター席メインですが4人掛けのテーブルもあります。

カウンター席の目の前はキッチンになっておりライブ感満点です!
 (63003)

メニューは超シンプル。中華そば、一本勝負です!

卵かけごはんはレギュラーメニュー、時間によってヤキメシセットかチャーシュー丼セットのセットもあります。
 (63004)

新福菜館といえば、やっぱりあの真っ黒なヤキメシは欠かせませんよね。
目の前で中華鍋をあおる姿はカッコイイいいです!

あの漆黒スープとヤキメシ

 (63005)

中華そばとヤキメシ(小)のヤキメシセット(950円)です。

ビジュアル的には完全に新福菜館のラーメンですね。長年修業された店主が、あのラーメンをいかに自分流にアレンジされているか楽しみです。
 (63006)

一乗寺ブラックと名付けたくなる、このビジュアル。
ねぎを大盛りにしてもらいました。シャキシャキねぎはラーメンから外せません!
 (63007)

この真っ黒のスープ。
やっぱり見た目とは裏腹に口当たりはあっさりでコクたっぷり、深い味わいのスープです。このギャップがブラックラーメンの醍醐味ですね。
 (63009)

チャーシュー麺ではありませんが、チャーシューは多めでうまし!
ほどよく柔らかくて味もしっかりついていて、食べ応えあり。ビールのアテにしたいチャーシューです。
 (63008)

麺は中太のストレート麺ですが、この麺は秀逸です。
プリプリもちもちで、この麺かなり美味しいです。

新福菜館よりも食べやすく万人受けしそうなバランスのラーメンに仕上がっています。
 (63010)

真っ黒のチャーハンも新福菜館仕様ですね。

セットなので小のはずが結構なボリュームなので、女性にはちょっとしんどいかも思うほど(笑)
 (63011)

チャーシュー、たまご、ねぎが入ったシンプルなチャーハンですが、しょうゆのコクがたっぷりでこちらも新福菜館にも勝るとも劣らない美味しさでした。

新福菜館ファンの方々も大納得のラーメンに仕上がっています。ぜひ寄ってみてください。

麺屋 龍玄 クチコミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都ラーメン激戦区の本格スパイスカレー店!ランチはあいがけで高コスパ☆「三代目カレー舎、NANDI。」【一乗寺】

京都ラーメン激戦区の本格スパイスカレー店!ランチはあいがけで高コスパ☆「三代目カレー舎、NANDI。」【一乗寺】

一乗寺、京都ラーメン激戦区にある本格スパイスカレーのお店。ランチはとくに高コスパで、あいがけカレーが楽しめるお店。
しっとりハラハラ絶妙やきめしが最高!「中華処 琢磨」@河原町荒神口の巻っす

しっとりハラハラ絶妙やきめしが最高!「中華処 琢磨」@河原町荒神口の巻っす

河原町荒神口を上がって、少し奥まったところにある町の中華料理店「中華処 琢磨」でランチっす。絶妙なチャーハンがオススメです。
【開店】北イタリア出身のシェフこだわりの薪釜焼きピッツァ「ドッピォ ゼロ」@一乗寺の巻っす

【開店】北イタリア出身のシェフこだわりの薪釜焼きピッツァ「ドッピォ ゼロ」@一乗寺の巻っす

一乗寺の白川曼殊院西入る北側にオープンしたピッッアのお店「ドッピォ ゼロ」っす。北イタリア出身のシェフによる本格薪釜焼きピッツァです。
ラーメン激戦区にある地域のオアシス的そば店「通しあげ そば鶴」@一乗寺の巻っす

ラーメン激戦区にある地域のオアシス的そば店「通しあげ そば鶴」@一乗寺の巻っす

ラーメン激戦区の一乗寺にある地域のオアシス的な地元から愛されてきた「通しあげ そば鶴」さんで、おそばランチっす。
驚きのコスパと豊富なトッピングが人気!桃山御陵前、高架下の超人気店「ラーメン大中」

驚きのコスパと豊富なトッピングが人気!桃山御陵前、高架下の超人気店「ラーメン大中」

伏見区民ならだれもが知る人気店「ラーメン大中」。場所はもちろん近鉄 桃山御陵前の高架下です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン