2017年1月10日 更新

乳と卵と小麦粉の未使用のケーキが大活躍!お菓子がすべて揃う「シャトレーゼ 新堀川店」

洋菓子チェーンの代表格、シャトレーゼです。京都では12店舗出店しており、和洋のお菓子はなんでも揃うのでとても重宝します。

お菓子はなんでも揃います!

 (68486)

洋菓子チェーン店の代表格、本社は山梨にあるシャトレーゼにやってきました。国内では450店舗を超える一大チェーンです。京都では北は舞鶴にも店舗があり、12店舗出店されていて、今回は伏見区の新堀川店の紹介です。
 (68487)

かわいくて美味しそうなケーキがショーケースにはたくさん。女の子はこういうのにワクワクしますよね。お値段は、300~500円がメインになっています。
写真左下のクマのケーキを以前買ってかえりましたが、子供達がキャッキャ言うてました笑
 (68490)

焼き菓子も豊富なラインナップです。箱売りからバラ売りまで様々あるので、家庭用や手土産など用途によって選んでくださいねー。
 (68491)

洋菓子や焼き菓子だけではなく、和菓子もあります。お団子やおはぎ、最中などなど定番のものが勢揃いです。
 (68488)

アイスのコーナーはこの広さ。お好きなアイスを探してください。ちなみに冷凍庫は、写真にうつっている倍あります。
 (68499)

実はってほどでもありませんが、パンなども販売されていて、冷凍ピザもおいていたり。ひとつ200円ちょっと、オーブンでそのまま焼けて切り目も入っていて使い勝手もよし!これオススメです。

アレルギー対応ケーキも美味しい

 (68492)

今回の目的はクリスマスケーキ。美味しいケーキ自体はいろんなケーキ屋さんで売っているのですが、こちらは乳と卵と小麦粉を使用していないアレルギー対応ケーキ。
アレルギーをもっていると途端と選択肢が少なくなるので、本当に助かります。
 (68493)

アレルギー対応ケーキは、ショーケーキ版とホール版があるんですが、今回は砂糖菓子とイチゴ、チョコのデコレーションもついたクリスマス仕様です。
普通のケーキに比べると少し甘く感じますが、遜色ないくらい美味しいです。ホールケーキだと、アレルギーをもっている子供も一緒に食べれるのでいいですよね。
幅広いラインナップのシャトレーゼさん、とても頼りになる存在です。

シャトレーゼ新堀川店 クチコミ情報

シャトレーゼ新堀川店 店舗情報

店名:シャトレーゼ 新堀川店
住所:京都市伏見区横大路下三栖辻堂町1
電話番号:075-621-7041
営業時間:9:00~21:00
定休日:無休
店舗HP: https://www.chateraise.co.jp/shop/detail.php?shop_id=624230
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

創業60年の京都レトロ洋菓子店!昭和スイーツの素朴な味わい☆「欧風堂」【烏丸丸太町】

創業60年の京都レトロ洋菓子店!昭和スイーツの素朴な味わい☆「欧風堂」【烏丸丸太町】

たまたま古い建物を探していて見つけた洋菓子店。店の佇まいからもレトロ感がただよう創業60年のお店。素朴な洋菓子に昭和世代なら大歓喜すること間違いなし。
伏見 ほっこり優しい味わいの焼き菓子店「KAWATOMO」【スイーツ】

伏見 ほっこり優しい味わいの焼き菓子店「KAWATOMO」【スイーツ】

最寄駅と言えば近鉄京都線・「伏見」駅と「丹波橋」駅の丁度真ん中あたり、上板橋通りの住宅街に白い外観のカフェらしき建物が現れます。
【京都和菓子】行列必至の生どら焼きだけじゃない!季節の和菓子もイイ☆「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」

【京都和菓子】行列必至の生どら焼きだけじゃない!季節の和菓子もイイ☆「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」

北大路大宮通りを上がった所にある和菓子店。SNSでつねに話題沸騰中の名物生どら焼き。そして、1日数量限定販売で行列必至の激戦店。だがしかし、生どら焼きの影に隠れつつも、季節の和菓子も美味しいんです。
【京都和スイーツ】SNSで常に話題にのぼる行列必至の生どら焼き!このボリューム感と見た目の破壊力☆「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」

【京都和スイーツ】SNSで常に話題にのぼる行列必至の生どら焼き!このボリューム感と見た目の破壊力☆「朧八瑞雲堂(おぼろやずいうんどう)」

北大路大宮通りを上がった所にある和菓子店。SNSでつねに話題沸騰中の名物生どら焼き。そして、1日数量限定販売で行列必至の激戦店。並んできました。
【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

【清水寺スグ】京都人が皆食す6月の和菓子といえば水無月!創業160年老舗の一子相伝の技☆「五建ういろ」

もう6月に入りました。6月の和菓子といえば、水無月。京都では6月30日に水無月を食べる習慣があります。清水寺にほど近い老舗店の水無月を一足お先に頂きました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン