2017年4月25日 更新

京都市内で温泉入浴!産直野菜たっぷりの本格打ちたてうどんもあり!!まるごとリフレッシュ空間☆「力の湯」【伏見竹田】

複合施設敷地内にある日帰り温泉スペース。施設内にはレストランもあり、産直野菜がたっぷり入った本格打ちたてうどんも食べられる。スポーツに汗して、レストランでヘルシーメニュー、そして仕上げに温泉、と全部を一か所で叶えられる京都市内でも唯一の施設。

敷地内の産直野菜売り場で買い物を済ませて

 (78368)

温泉入浴する前に、同じ敷地内の京都市内近郊の産直野菜売り場で買い物をしていたら、けっこうな時間が経ってしまい、ここで食事も兼ねて入浴しようと。

他にも敷地内には、フットサル、ボルダリング、フィットネス場などのスポーツ施設、マッサージ、理髪店もあり、丸一日ここで過ごせそうな充実ぶり。

地元京都の季節の新鮮野菜がズラリ!スーパー銭湯も同時に楽しめる癒やし空間☆「じねんと市場」【京都伏見】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。

地元京都の季節の新鮮野菜がズラリ!スーパー銭湯も同時に楽しめる癒やし空間☆「じねんと市場」【京都伏見】 - Kyotopi [キョウトピ] 京都がもっと”好き”になる。
こちらが、その買い物の様子になります。併せてご参照ください。
敷地内には産直野菜を中心としたメニューが人気のビュッフェレストランもありますが、今回は軽く食事したいということで、温泉施設内にあるレストランを利用しようと、ひとまず中へ。
 (78369)

入ってスグにレストラン。で、食券を買う方式。
 (78370)

テレビもあって、こじんまりとしたスペース。
 (78371)

久々に来ましたが、国産小麦100%使用の打ちたてのうどんが名物になってるとは知らず。
 (78372)

この時はやってませんでしたが、ガラス張りになったうどん打ちスペースも。本気度を感じます。
 (78373)

こんな入浴とセットになったメニューも。
 (78374)

こちらも日替わりメニュー。
 (78375)

旬のメニューもいろいろと。
 (78376)

うどんや野菜、食材へのこだわりがいろいろ書かれています。
 (78377)

とくにうどんメニュー充実。今回はじねんと野菜たっぷりあんかけうどん650円を。これからの季節ならざるうどんとかいいですね。
 (78380)

さらにガッツリとした御膳も。といっても1000円以下。
 (78381)

風呂上がりに飲みながら、というのもサイコーです(笑)
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

地元京都の季節の新鮮野菜がズラリ!スーパー銭湯も同時に楽しめる癒やし空間☆「じねんと市場」【京都伏見】

地元京都の季節の新鮮野菜がズラリ!スーパー銭湯も同時に楽しめる癒やし空間☆「じねんと市場」【京都伏見】

春の季節の野菜も続々登場。こちらはスーパー銭湯、スポーツ施設、地産地消レストランもある複合施設。その敷地内にある、京都市内中心に近郊農家から直送された新鮮野菜がならぶ買い物スポット。
京都府丹後半島屈指の名湯!露天風呂で自然美満喫☆夕日ヶ浦温泉・外湯「花ゆうみ」【京丹後市網野】

京都府丹後半島屈指の名湯!露天風呂で自然美満喫☆夕日ヶ浦温泉・外湯「花ゆうみ」【京丹後市網野】

以前なら丹後鉄道利用して泊りがけで行くエリア。京都縦貫道が延長されて、マイカーで日帰りも可能に。そんな網野町の名湯、夕日ヶ浦温泉の外湯。手軽に日帰り入浴可能。
京都嵐山からもスグの人気天然温泉!リニューアル施設もありさらに充実!!「さがの温泉 天山の湯」

京都嵐山からもスグの人気天然温泉!リニューアル施設もありさらに充実!!「さがの温泉 天山の湯」

嵯峨野・嵐電有栖川駅より徒歩5分の三条通り沿いにある施設。地下から湧き出る源泉は、京都では珍しいナトリウムカルシウム塩化物泉。
京都市内で噂の天然自家温泉!10の湯めぐりワンダーランド!!2種類の源泉は美人湯系☆「竹の郷温泉」

京都市内で噂の天然自家温泉!10の湯めぐりワンダーランド!!2種類の源泉は美人湯系☆「竹の郷温泉」

京都市内にこんなにいい温泉があるとは知りませんでした。源泉も2種類で湯船も10種類。洛西ニュータウンにある日帰り温泉施設。同じ敷地内にはホテルもあり、ボーリング場もあり、レストランもあり。
【保存版】元旦も営業している京都オススメのスーパー銭湯まとめ!新年は初風呂でスタート☆

【保存版】元旦も営業している京都オススメのスーパー銭湯まとめ!新年は初風呂でスタート☆

年末バタバタの中、年が明けてしまった、という方も多いはず。正月はのんびりゆったり日頃の疲れも取りたいところ。そこで、今回は元旦から営業しているスーパー銭湯をまとめてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers