2017年3月7日 更新

伏見の人気店!蕎麦のような自家製麺が抜群にうまい!「麺心 よし田」【つけ麺】【ラーメン】

伏見の竹田街道と大手筋の交差点からすぐのところにある「麺心 よし田」に行ってきました。

和テイストのオサレな店内

 (5248)

竹田街道、大手筋商店街からすぐの「麺心 よし田」さんです。お店はまさに職人といった感じの店員さんが複数、威勢のいい掛け声で活気のある店舗です。ちなみに余談ですが「よし田」さんができる前もラーメン屋さんでした。
 (74278)

木をふんだんに使った店内は、L字のカウンター席と複数のテーブル席の構成です。
 (74279)

メニュー表です。「よし田」と言えば、少し珍しい濃厚海老つけ麺が名物ですが、鶏系や厚切りの豚バラチャーシューもオススメです。また麺心と名乗っているだけあって、麺にも並々ならぬこだわりを感じます。

また、焼めしやぎょうざ、唐揚げといった定番のセットがあるのも嬉しいですね。

鶏魚介つけ麺を大盛りでがっつきます

 (5252)

チャーハンや餃子もついたお得なセットメニューももちろんあります。やっぱりこの日も唐揚げセットに(笑)
 (5254)

着丼です。つけ麺には珍しい細めの麺です。たまねぎとすだちがついてので、途中で味変が楽しめます。
 (5255)

断然太麺派でしたが、この麺で少し価値観が変わりました。しっとりお蕎麦のような風味とコシのある麺は新食感。つるつる食べられて箸がとまりませんよ(笑)
 (5256)

動物的なくさみがなく濃厚でマイルドなつけ汁。ミンチっぽいお肉が入っていて、ほどよい肉っぽさが感じられます。大盛りにしていたのに、麺を追加したいくらい美味しいかったです!
 (5257)

〆はやっぱり、濃厚つけ汁をスープ割りで頂きます。余談ですが、水と間違えそうになったのでご注意を(笑)

海老の風味がバツグン!濃厚海老つけ麺

 (74281)

海老の香り豊かな濃厚海老つけ麺(980円)です。運ばれてきた瞬間から、海老の香りがあたりに広がります。
海老と半熟玉子、きざみ玉ねぎ、レモンに加えてバケットが添えれています。

洋風のビスクやアメリケーヌソースをつけ麺に応用した一杯です。
 (74282)

つけ汁はとっても濃厚でクリーミーです。お蕎麦のようなアッサリとした麺とも相性バツグンです。これは美味しいです。
 (74283)

途中バケットをつけて頂くと、まさにビスクです。バケットは焼きがいれてありサクサクしていますが、つけ汁の部分はしっとりと。
スープ割で〆ですが、最後まで洋風なテイストを感じることができました。

色々と考え抜かれたつけ麺だなぁと終始感心しっぱなしでした。海老好きの方にはオススメしたい一杯でした。

太麺好きの方も納得の自家製を一度、ご堪能ください。駐車場はありませんが、アクセスもよく通しで営業されているので使いやすいお店です。

麺心 よし田 クチコミ情報

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

伏見桃山 大きい唐揚げも美味しい「らーめん 来満」【ラーメン】

伏見桃山 大きい唐揚げも美味しい「らーめん 来満」【ラーメン】

今日は、大手筋近辺にあります「ラーメン 来満」に行ってきました。正確にいうとハローワークのある風呂屋通りです。
北海道から取り寄せた魚介が自慢!カニクリームコロッケは絶品!伏見桃山の「hokkaido 高田家」【グルメ】

北海道から取り寄せた魚介が自慢!カニクリームコロッケは絶品!伏見桃山の「hokkaido 高田家」【グルメ】

伏見総合庁舎のすぐ近く!南隣のマンションの1F、ラーメン玄屋とファミリーマートの間にあるといえば、わかる方もおられるのでは。
唐揚弁当が驚きの250円!給料日前の強い味方!安いお惣菜も勢ぞろい「業務スーパー大手筋店」

唐揚弁当が驚きの250円!給料日前の強い味方!安いお惣菜も勢ぞろい「業務スーパー大手筋店」

大手筋、プラザ大手筋内にある「業務スーパー大手筋店」です。近隣飲食店や主婦の強い味方ですよー
におわない餃子!ランチや女子にもオススメ!中華メニューや日本酒にもこだわりあり!「ぎょうざの舗 食 -KU- 伏見桃山  」

におわない餃子!ランチや女子にもオススメ!中華メニューや日本酒にもこだわりあり!「ぎょうざの舗 食 -KU- 伏見桃山 」

伏見桃山、大手筋の近くにある「ぎょうざの舗 食-KU- 桃山店 」。こだわりの餃子が美味しいと界隈でも評判のお店です。
驚きのコスパと豊富なトッピングが人気!桃山御陵前、高架下の超人気店「ラーメン大中」

驚きのコスパと豊富なトッピングが人気!桃山御陵前、高架下の超人気店「ラーメン大中」

伏見区民ならだれもが知る「ラーメン大中」。場所はもちろん桃山御陵前の高架下です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ガロン ガロン