2017年4月10日 更新

高瀬川沿いの上品な立ち飲み屋!お手頃な料理もハイクオリティ!「酒肴 小粋や」

飲食店の立ち並ぶ四条木屋町周辺、その中でも上品でコスパもよく楽しい立ち飲み屋さん「酒肴 小粋や」をご紹介します!

春には桜が!高瀬川沿いの最高のロケーション

 (72055)

四条木屋町近くの立ち飲み屋さん「酒肴 小粋や」さんに行ってきました。夜はもちろんですが、お昼の14時から営業されておりサクッと昼飲みにも重宝するお店です。
外観からもわかる通り、立ち飲み屋さんとは思えない上品な佇まいです。
 (72056)

このお店、実は高瀬川沿いにある最高のロケーションなんです。春になると二階席から高瀬川沿いの桜がきれいに見えるそうです。
 (72057)

一階はL字カウンターの立ち飲み席。夜には常連さんでにぎわいます!店員さんもフレンドリーでとってもアットホーム、すぐ馴染めます。あなたもその日から常連さんみたいになります(笑)
 (72060)

立ち飲み屋ですが、メニューの幅も広く本格的!
おばんざいからお刺身、アテ系、串カツ、地鶏メニューまで。もちろんどんぶりの〆メニューもあります^^
 (72058)

今回はこの後も予定があったのでサクッと。
店名の入ったお得な「小粋やセット(780円)を。
ワンドリンク(ビール・焼酎・サワー・ハイボール)、おばんざいがセットになったスターターとして優秀でコスパの高いセットです。
 (72059)

通常のセットのひとつが仕込み中だったとかで、ピンチヒッターとしてだしてくれた一品。優しいお出汁にトロけるほど柔らかい手羽先でした。
セットからハイクオリティでビックリしました!
 (77079)

常連さんオススメの一品は、厚揚げ豆腐。
なんとオーダーが入ってから揚げるのは表面はパリパリで熱々!
このポン酢も美味しくてマストオーダーの一品です。
 (72061)

続きまして、餃子とビールを!最高の組み合わせですよね。
 (72062)

餃子の餡にしっかり味付けがしてあるので、そのまま食べちゃってください!(タレがほしい方は店員さんにお伝えください)

焼き目はパリッと皮はもちもち!餡には旨味がたっぷりで美味!お酒すすむ、ピッタリな餃子ですね!

最高のロケーションで、ハイクオリティのお料理をお手頃に頂ける上品な立ち飲み屋さんです。店員さんとの距離も近く、とても楽しいお店です、機会があればまた寄ってみてください!

酒肴 小粋や クチコミ情報

ご馳走!

でっかちゃんさん(@hazama58)が投稿した写真 -

酒肴 小粋や 店舗情報

店名:酒肴 小粋や
住所:京都市中京区紙屋町674-10
電話番号:075-708-8196
営業時間:14:00~2:00
定休日:水曜日
店舗FBページ: https://www.facebook.com/shukoukoikiya/
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

ランチタイム過ぎても夕呑みできるパラダイス人気店!アテの高クオリティにまた感動☆「柳小路TAKA」【四条河原町】

いいお店というのは、自ずとリピート率高し。中途半端な午後3時過ぎ。それでも美味しいお酒とアテを求めるならここ。いつもは立ち呑みが多いんですが、今回は2階のテーブル席でゆっくりと堪能。
本屋なのにディープ立ち飲み!その雰囲気にどハマリする人続出!京都駅近くの「遠藤書店」

本屋なのにディープ立ち飲み!その雰囲気にどハマリする人続出!京都駅近くの「遠藤書店」

京都駅の南側のディープなエリアにあるディープな立ち飲み店「遠藤書店」です。本屋なんですが立ち飲み店で、その独特でカオスな雰囲気がたまりません!
京都・大衆居酒屋の聖地!昭和の空気にハマリます!四条河原町の「たつみ」

京都・大衆居酒屋の聖地!昭和の空気にハマリます!四条河原町の「たつみ」

四条河原町からすぐOPAの裏にある大衆居酒屋「たつみ」です。その昭和な空気が心地よくて、どっぷりハマってしまいそうになります(笑)
木屋町住民の支持率バツグン!高瀬川沿いの昼まで営業している大衆居酒屋「 鉄板道場」

木屋町住民の支持率バツグン!高瀬川沿いの昼まで営業している大衆居酒屋「 鉄板道場」

四条木屋町からすぐ、高瀬川沿いにある黄色の看板が目印の大衆居酒屋さん「鉄板道場」。夕方から翌日の昼まで営業している愛され居酒屋さんです。
四条河原町の新店!名物の煮込みは必食!広々ときれいな立ち呑み店「ココロ」

四条河原町の新店!名物の煮込みは必食!広々ときれいな立ち呑み店「ココロ」

四条河原町からスグ、立ち呑みの新店「ココロ」さんです。近所にある人気のもみじの系列店とだけあって、納得のクオリティでした。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし