2017年2月24日 更新

美山の自然から造られた世界で評価の高い日本酒!かやぶきの里からスグ「大石酒造 美山路酒の館(美山蔵)」

かやぶきの里で有名な美山町に来たら、ぜひ寄ってほしい買い物スポット「大石酒造 美山路酒の館(美山蔵)」です。美山の自然からできた美味しい日本酒が販売されています。

創業300年の老舗酒造メーカー

 (72913)

創業300年、丹波にある酒造メーカー「大石酒造」の美山蔵にやってきました。京都には本当に酒造メーカーが多いですね、酒飲みとしてはいつまでも頑張ってほしいとおもいますね。

今回は京阪の美山周遊バスを利用した際に寄りました。
 (72915)

バスから降りるとすぐ、振る舞い甘酒が配られていました。おかわりもできました!
 (72914)

温かくほっこりした味わい。麹にはたくさんの栄養も含まれており癒しのパワーがすごい!バス移動の疲れもふっとんでいきました!
 (72916)

元々は丹波でお酒を造られていましたが、さらに良いお酒を造るために、美山に蔵を移設されました。美山の美味しいお水と寒い環境が酒造りには良いそうです。

美山の自然から造られたお酒

 (72917)

美山蔵の半分は直売所になっています。広々して買い物もしやすかったです。試飲コーナーもあり、ついつい色んなお酒を試飲して、酔ってしまいそうに(笑)
 (72919)

自慢の日本酒が並びます。どれにしようか迷いますよねー。
甘口から辛口まで揃っています。お好みの日本酒を探してください。
 (72918)

元々は丹波なのでワインもあります。こちらも惹かれます。丹波ワインって段々浸透してきましたよね。美味しいので国産ワインも応援したいですね。
 (72920)

「美山のお酒 てんごり」を買って帰りました。
美山のお米を使った日本酒で、2015年英国ロンドンで開催されたWC2015「SAKE部門」において銅メダルを受賞したそうです。
少し甘口でとても飲みやすく、つい飲み過ぎちゃうお酒です。通販でも買えるので気になる方は買ってきてみてください。

日本の原風景が楽しめる「かやぶきの里」からは目と鼻の距離。美山に来た際は、ぜひ寄ってください。美味しい日本酒がそろっています。

大石酒造 美山路酒の館(美山蔵)クチコミ情報

大石酒造 美山路酒の館(美山蔵)店舗情報

店名:大石酒造 美山路酒の館(美山蔵)
住所:京都府南丹市美山町南新高瀬13
電話番号:(0771)77-0007
営業時間:9:00~17:00  ※時期により多少変動あり。
定休日:無休(盆・正月を除く)
店舗HP: http://okinazuru.co.jp/yakata/sakeyakata.htm
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

かぶやきの里が目の前に!美山にこだわった絶品のそば!「お食事処きたむら」

かぶやきの里が目の前に!美山にこだわった絶品のそば!「お食事処きたむら」

美山町・かやぶきの里の目の前にある「お食事処きたむら」で、美山の食材にこだわったお蕎麦を頂いてきました。
美山の自然を120%堪能!日帰り露天風呂もあり!「美山町自然文化村 河鹿荘」

美山の自然を120%堪能!日帰り露天風呂もあり!「美山町自然文化村 河鹿荘」

食事、お風呂、キャンプ、宿泊など美山を120%堪能できる総合レジャー施設「美山町自然文化村 河鹿荘(かじかそう)」をご紹介します。
【雪の京都】ライトアップされた日本の原風景!「美山町かやぶきの里 雪灯籠」

【雪の京都】ライトアップされた日本の原風景!「美山町かやぶきの里 雪灯籠」

日本の原風景、かやぶきの里と知られる南丹市の美山町。今年もかやぶきの里を照らすライトアップイベント「美山町かやぶきの里 雪灯籠」が行われています。期間は2017年1月28(土)-2月4日(土)です。
【ビッグチャンスの3日間!】京の酒処伏見の老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

【ビッグチャンスの3日間!】京の酒処伏見の老舗酒蔵で毎年恒例生ビール祭!ガンガン呑んで缶ビールゲット☆「鳥せい本店」

お急ぎください!ビッグチャンス到来!!毎年恒例鳥せい本店で生ビール祭開催中(7月5~7日)。呑んだ生ビール分、もれなく缶ビールがプレゼント。
美山町 牛乳工場直営「牛乳工房」で自然豊かな美山のめぐみをいただきます!【お店】

美山町 牛乳工場直営「牛乳工房」で自然豊かな美山のめぐみをいただきます!【お店】

先日もご紹介した美山町のかやぶきの里。本日はそこより車で10分ほど南にある、牛乳工場直営店「美山のめぐみ牛乳工房 美山本店」をご紹介します(^^)/ イオンモール京都桂川にも店舗があり、さらに身近な場所で購入することもできますよ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kyotopiカメラ部 Kyotopiカメラ部