2017年1月27日 更新

日本の大転換を体験しよう!大政奉還150周年記念☆幕末維新スタンプラリー

歴史の大転換期「大政奉還」。それから150周年を記念して、京都市をはじめ、幕末維新にゆかりのある全国21都市が相互に交流・連携を図りながら立ち上げられた記念事業。その一つ、幕末維新スタンプラリーが開始。

12月31日まで実施!22ヵ所ある幕末維新スタンプラリー

それほど幕末維新ファンというわけでもないんですが(笑)知り合いが幕末維新スタンプラリーやってるの見て、自分もちょっと乗っかってみようかと。

大政奉還150周年を記念したプロジェクト。幕末維新にゆかりのある全国21都市の観光資源をめぐるスタンプラリーで、何箇所か制覇すると抽選で旅行券が当たる。

京都市内には2ヵ所あるスタンプスポット

 (70273)

京都市は2ヵ所にスタンプスポットがあるということで、このプロジェクトの最重要スポット・二条城へスタンプ台紙をもらいに行ったわけですが。

城に休みがあるって、初めて知りました(泣)というか、運悪く、この1月だけ火曜日が休城日。現在改修工事中の二条城。火曜日がその調整日になってるらしく。まあ、ここはまた次回に。
 (70274)

そして、もう一つのスタンプスポット・幕末維新ミュージアム霊山歴史館。ここにスタンプ台紙とスタンプが。

今回はスタンプ押すだけで、入館はしませんでした。
 (70275)

で、こちらがスタンプラリーの台紙兼ガイドブック
 (70276)

大政奉還に至るまでの歴史の流れやら、それにまつわる観光スポットが記載。
 (70277)

さらに、その見どころなどがまとめられていて、ガイドブックとしても重宝しそう。
 (70279)

京都ページはこんな具合。霊山歴史館のページではこちらにお墓もあるということで、坂本龍馬についての資料中心に。
 (70280)

そして、巻末にスタンプ台紙が。北は会津若松から南は鹿児島まで、全22ヵ所。各都市の幕末維新スポットをめぐりながら日本の大転換期の歴史について学ぶいいチャンス。抽選で旅行券も当たるそうですが、スタンプ全部制覇はさすがに無類の幕末維新オタクでないと無理だろーと思ったら、最低3個からでも応募できます(笑)ぜひご参加ください。

幕末維新スタンプラリー へのツイート

詳細情報

スタンプスポット
元離宮二条城(京都府京都市中京区二条城町541 )http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/

幕末維新ミュージアム霊山歴史館(京都府京都市東山区清閑寺霊山町1 )http://www.ryozen-museum.or.jp/

関連サイト
http://www.taiseihokan150.jp/
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【三条木屋町】坂本龍馬ファンは必訪の資料づくし!龍馬を肴にお酒を楽しむ語らいの場!!「龍馬」

【三条木屋町】坂本龍馬ファンは必訪の資料づくし!龍馬を肴にお酒を楽しむ語らいの場!!「龍馬」

来年没後150年ということで、坂本龍馬のイベントで沸く京都。坂本龍馬ファンにとっては嬉しい年でもあり。そんな中、坂本龍馬ゆかりの地京都で、龍馬ファンが集い、さらにその親交を熱くするお店。
幕末ファン必見!龍馬ゆかりの地・京都で開催☆特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」展【京都国立博物館】

幕末ファン必見!龍馬ゆかりの地・京都で開催☆特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」展【京都国立博物館】

今年は幕末の志士・坂本龍馬没後150年。それを記念した特別展覧会が京都国立博物館で催されます。
【京都壬生】俳優・本木雅弘さんも絶賛!新撰組発祥の地・老舗和菓子店の新感覚抹茶生サブレ☆「京都鶴屋 鶴寿庵(かくじゅあん)」

【京都壬生】俳優・本木雅弘さんも絶賛!新撰組発祥の地・老舗和菓子店の新感覚抹茶生サブレ☆「京都鶴屋 鶴寿庵(かくじゅあん)」

新撰組発祥の地、八木家の住居にある老舗和菓子店。店のスグ横には新選組壬生屯所旧跡があり、見学もできる。老舗らしい京菓子はもちろんだが、洋風抹茶生サブレは新感覚の美味しさ。
春の風物詩!二条城ライトアップ「二条城桜まつり2017」プロジェクションマッピングも!

春の風物詩!二条城ライトアップ「二条城桜まつり2017」プロジェクションマッピングも!

世界遺産・二条城にて桜とライトアップ、プロジェクションマッピングが楽しめる「二条城桜まつり2017」が開催されています。会期は3月24日~4月16日になっています。
入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

京丹後市・久美浜の観光スポット。入場料無料なんで、気軽に行ってきました。江戸時代、沿岸交易によって巨富を得た豪商の暮らしぶりがうかがえる久美浜の定番観光スポット。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers