2017年2月10日 更新

京都老舗喫茶イノダコーヒのパンをおうちで!素朴な味わいレトロパン☆「ブルーデル」【二条城周辺】

昔ながらの手づくりパンのお店。あの京都を代表する老舗喫茶イノダコーヒがこちらのパンを採用。素朴な味わいのレトロパンにほのぼの。

昭和風情のレトロな雰囲気

 (71428)

二条城にも近いが、御金神社参拝の帰りにこちらへ。
 (71429)

こんな雰囲気のパン屋さんが最近では絶滅危惧種かもしれません。昭和風情ただよう街のパン屋さん、といった雰囲気。

言ってしまえば地味めな雰囲気。でも、あの全国的にも有名な老舗喫茶イノダコーヒの朝食についてくるクロワッサンなどはこちらのパンを使用。何気にイノダを支えるパン屋さん。
 (71430)

ちょうど節分時だったんで、隠れてますが鬼パンが飾られていました。こういうキャラパン作ってるところも、なんだか懐かしいですよね。子供にも喜んでもらおう、ていうところが。

最近では、より本格志向の大人向けパン屋が増えて、こんな大人も子供も集うパン屋さんて少なくなりましたよね。
 (71431)

ちょっとピンぼけですが(汗)
店内にもこんなキャラパン。ジバニャン?鬼?アンパンマン?いろいろいます。
 (71432)

店内はこんな雰囲気。わりと素朴なパンが多いです。天然酵母のパンやフランスパン、全粒粉のくるみパン、あんパン、クリームパンなど。

おうちでイノダ風「京の朝食」を~♪

 (71434)

で、購入してみました。
イノダコーヒの「京の朝食」についてくるのと同じクロワッサン、それと素朴な雰囲気のバターロール。
 (71435)

京の朝食風に食べてみました。
なんとも懐かしい、クロワッサン。やわらかいふんわりと優しい味。
 (71436)

ロールパンも同じく。きっと、イノダコーヒの老舗感出す朝食にはこんな素朴で手づくりのあたたかい雰囲気のパンがマッチするから採用してるんだろうな、と。そして、ここのパンをチョイスするイノダのセンス、いいなぁ~と。
 (71437)

ちょっと味わい変えて、トーストしてみることに。
すると表面がカリカリと一枚一枚の生地の層が主張し始めます。おうちでイノダ風の朝食を手軽に。また買いに来よう。

ヨ~イヤサ~♪

ブルーデル への口コミ

ブルーデル 基本情報

住所:京都府京都市中京区西洞院夷川上ル毘沙門町397-2 二条城グランドハイツ 1F
電話番号:075-231-3435
営業時間:7:00~19:00
定休日:日曜日
関連サイト:https://www.facebook.com/brude.kyoto/
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三位一体の神がかり的美味しさのあんバタは必食!レトロな雰囲気の街のパン屋さん「マンハッタン」【京都壬生】

三位一体の神がかり的美味しさのあんバタは必食!レトロな雰囲気の街のパン屋さん「マンハッタン」【京都壬生】

昭和臭するレトロな雰囲気の地元に愛される街のパン屋さん。中でもあんバタが名物と聞き、行ってきました。
【京都パンめぐり】食事代わりになるリッチなおかずパン充実!あれこれ食べたくなる☆「手作りパン工房コネルヤ」【二条城近く】

【京都パンめぐり】食事代わりになるリッチなおかずパン充実!あれこれ食べたくなる☆「手作りパン工房コネルヤ」【二条城近く】

丸太町通り沿いの七本松あたりに店をかまえるパン屋さん。こじんまりとした店内とは裏腹に、パンの種類豊富。特におかずパン系が充実していて、リッチな具材使いで食事かわりになるパンたち。
移転街中立地で盛況の人気ベーカリー!ハード系からデニッシュ系どれも美味しい☆「ワルダー」【京都河原町】

移転街中立地で盛況の人気ベーカリー!ハード系からデニッシュ系どれも美味しい☆「ワルダー」【京都河原町】

もともと山科区にあったお店。なかなかその完成度の高さをわかる客層に恵まれず、麩屋町六角に移転。その後はいつも安定の美味しさと押しも押されぬ人気定着。
【烏丸御池】さながらパリジェンヌ「 PAUL (ポール)」のモーニング

【烏丸御池】さながらパリジェンヌ「 PAUL (ポール)」のモーニング

モノアートでスタイリッシュなカフェで 美味しいパンと寛ぎのモーニングタイム。
祇園の真ん中で夜遅くまでこだわりのコーヒーとクロワッサンを!「祇園喫茶Rinken」

祇園の真ん中で夜遅くまでこだわりのコーヒーとクロワッサンを!「祇園喫茶Rinken」

祇園、祇園花月の裏手にある、喫茶店・パン屋・バーととても使い勝手のいいお店「祇園喫茶Rinken」をご紹介します。上七軒の人気パン屋「~Leu Coco Ryne~」をベーカリー部門として加わり、こだわりのクロワッサンやパンも頂けるようになりました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな