2017年5月12日 更新

【京都ルネッサンス】入場無料で建物探訪!明治建築の洋館でタイムスリップ!!季節の花も見頃☆「京都府庁旧本館」

雨の日の洛中観光。遠方から来た友人と一緒に手軽に行けるスポットはないか、と京都府庁へ。建物も無料で見学でき、中庭の季節の花も見頃。

中庭のしだれ桜が有名ですが

 (80098)

遠方から来たカメラ好きの友人と京都観光。しかも、外は雨。で、どこかアクセスが楽で観光できる場所はないか、と。そして、風景画像撮るのにいい場所を、京都府庁へ。
 (80099)

中庭の枝垂れ桜が有名ですね。洋館のアーチ型を背景にしてみたり、建物の中の窓ガラス枠で風景を切り取ってみたり。他の桜の名所、神社仏閣にはない洋風テイストの桜風景が撮影出来る場所として人気。
 (80097)

こんな具合に中から撮影。

中央の祗園しだれ桜は、もうすっかり新しい葉で覆い尽くされていました。というか、こんなに桜の葉って旺盛なのか、と。
 (80100)

街中なのに、わりと野生感すらあるほど伸び伸びと(笑)そして、ちょうど季節のツツジも咲き乱れています。
 (80102)

以前、京都の橋を観光した時、友人から秀吉時代の橋の石柱が府庁にもあるよ、と教えてもらったの、これか!と。
 (80103)

三条大橋かと思ってましたが、五条大橋でした。おもむろになぜか登場する石柱(笑)景石として持ち込まれたそうです。

【京都橋めぐり】東海道五十三次の西の起点!さまざまな歴史を渡ってきた橋!!「三条大橋」

【京都橋めぐり】東海道五十三次の西の起点!さまざまな歴史を渡ってきた橋!!「三条大橋」

【京都橋めぐり】弁慶と牛若丸が出会った場所といえばココ!清水寺参拝の要所!!「五条大橋」

【京都橋めぐり】弁慶と牛若丸が出会った場所といえばココ!清水寺参拝の要所!!「五条大橋」

貴重な日本最古の現役官公庁建物

 (80088)

京都府庁旧本館。
明治37年竣工のレンガ造り。昭和46年まで京都府の本館として使用。現在も一部使用されてますが。外観はルネッサンス様式。内部意匠は和風の技術と洋風の工芸品的要素が折衷に。
 (80089)

で、土曜日で府庁自体はお休みですが、ここはやってます(笑)
 (80090)

公開日時も限られてはいますが。旧知事室へ。
 (80091)

67年間に24人の知事が使用。
 (80092)

京都府のPRキャラ、まゆまろもいます。陶器製で西陣織の着物を羽織ってます。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

【京都建物探訪】レンガ造りのレトロな明治近代建築!化石発見もできる!!猫展も絶賛開催中☆「京都文化博物館」【三条高倉】

猫展の帰り。そういえば、けっこうな歴史的建造物なのにちゃんと建物として観察してなかったな、と。改めて、そんな視点で。レンガ造りの重厚な明治近代建築。素晴らしい意匠の数々。
入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

入場料無料!京都丹後の豪商の暮らしぶりがうかがえる定番観光スポット☆「稲葉本家」【京丹後市久美浜】

京丹後市・久美浜の観光スポット。入場料無料なんで、気軽に行ってきました。江戸時代、沿岸交易によって巨富を得た豪商の暮らしぶりがうかがえる久美浜の定番観光スポット。
【ニューオープン】今話題沸騰中!京都三条烏丸の大正ロマンレトロパブ!!珍しいオールドボトルがズラリ☆「お酒の美術館」

【ニューオープン】今話題沸騰中!京都三条烏丸の大正ロマンレトロパブ!!珍しいオールドボトルがズラリ☆「お酒の美術館」

ようやく初訪問。2月にオープンして、呑兵衛の方々の間で話題沸騰中のお店。大正建築の珍しい木造洋館も必見。レトロな雰囲気と珍しいオールドボトルぞろいにうっとり。
4月2日まで開催中・京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」衹園枝垂れ桜や容保桜・催し物など多彩【イベント】

4月2日まで開催中・京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」衹園枝垂れ桜や容保桜・催し物など多彩【イベント】

京都府庁で開催中の「観桜会」をご紹介します。期間中はイベント開催はじめ旧本館のガイドツアーもあり、普段なかなか見ることができない府庁を楽しむ事ができますよ。
京都中華料理界の源流・鳳舞の味巡礼!カラシソバは必食!!「鳳舞楼」【京都御所スグ】

京都中華料理界の源流・鳳舞の味巡礼!カラシソバは必食!!「鳳舞楼」【京都御所スグ】

今シーズンの目標として、カラシソバ巡礼実施中。京都の中華料理を語る上で、必ず登場する「鳳舞」。その味を受け継いだお店が市内に数店。その中でも鳳舞直系のお店。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

三杯目 J Soup Brothers 三杯目 J Soup Brothers