2017年3月9日 更新

☆匠の技を目の前で!!京都にいらしたら、ぜひ一度は楽しんで頂きたい和菓子体験☆鶴屋吉信本店☆

春の和菓子を頂きに、京都の西陣にある鶴屋吉信本店へ行ってまいりました。

匠の技を目の前で!

 (74502)

春の和菓子を頂きに、京都の西陣にある鶴屋吉信本店へ行ってまいりました。

江戸時代の享和三年(1803年)、初代鶴屋伊兵衛氏によって創業された和菓子店です。

数寄屋造りのこの建物は、平成4年に数寄屋造りの名建築家 中村外二氏によって建てられたもので、欅の1枚板に緑青胡粉押しの「柚餅」の大看板は文人画家の富岡鉄斎氏によるものです。

正面を入り口を入ると、季節の和菓子や銘菓の販売コーナーがあり、2階にお茶と和菓子が頂けるお休み処があります。
 (74503)

正面の横にある暖簾をくぐり、
 (74504)

細い路地を入った奥に入り口があります。
 (74505)

扉を開けると、日本画家 上村淳之氏による丹頂鶴の絵とお菓子が飾られています。
 (74506)

エレベーターで、2階へ。

2階にあるお休み処は、坪庭を眺められるゆったりとした落ち着いた空間で、季節の生菓子や甘味が楽しめます。
 (74507)

今の時期は、ひな祭りの飾りが飾られていて、華やかですね。
 (74508)

カウンター6席の菓遊茶屋では、和菓子職人さんによる実演と菓子作りの説明を聞きながら、季節の生菓子をお茶と一緒に頂くことができます。

生菓子実演体験は、お抹茶と生菓子で、900円。

お菓子は2種類から選べます。
今の季節は桃季と里桜の2種類で、1つづつお願いしました。
 (74509)

職人さんの見事なヘラさばきに見とれていると、あっという間に美しい和菓子が出来上がりました。
 (74510)

 (74511)

 (74512)

きんとんが作られる過程を見ているのも楽しかったです。
 (74513)

熟練された繊細な技に感服するばかり。

生菓子の製作実演を楽しんだ後は、出来たての和菓子を頂きます。
 (74514)

<里桜>
桜の花びらがなんとも愛らしい和菓子。

中に白あんが入っています。
 (74524)

<桃季>
桃の花をイメージした華やかなお菓子。

中に粒あんが入っています。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

京都最古の花街 上七軒にある和菓子屋さんで美しく華やかな季節の和菓子を♡☆老松(おいまつ)☆

京都最古の花街 上七軒にある和菓子屋さんで美しく華やかな季節の和菓子を♡☆老松(おいまつ)☆

季節の和菓子を買いに、老松へ行ってまいりました。本店は北野天満宮東門前、京都最古の花街 上七軒にあり、花街ならではの風情ある佇まいのお店です。
もうすぐ創業100年の西陣老舗パン屋さん!昔ながらのカレーパンが人気!!「大正製パン所」

もうすぐ創業100年の西陣老舗パン屋さん!昔ながらのカレーパンが人気!!「大正製パン所」

西陣界隈では老舗で有名なパン屋さん。創業は大正8年で、もうすぐ100年。昔懐かしいパンたちがそろい、カレーパンが特に人気。
【京都西陣】老舗鳥料理店のトロトロ絶品親子丼!築100年の京町家の風情漂う「鳥岩楼」

【京都西陣】老舗鳥料理店のトロトロ絶品親子丼!築100年の京町家の風情漂う「鳥岩楼」

西陣界隈。創業70年あまりの老舗。夜は水炊き・鳥料理中心だが、昼は老舗の風情ただよう京町家のお座敷でいただける絶品の親子丼が有名。
北野天満宮前 いつもできたての美味しさ!創業330年あまりの老舗「粟餅所・澤屋」【和菓子】

北野天満宮前 いつもできたての美味しさ!創業330年あまりの老舗「粟餅所・澤屋」【和菓子】

寒い日の天神さん参拝の際、食べたくなるお店。創業は江戸時代。一説によると、山城時代に『北野粟餅』として書物に登場しているので、それ以前の創業とも言われています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう