2017年4月3日 更新

【京都祗園】加藤登紀子ライブを楽しみながらロシア料理に舌鼓!鴨川も見える眺めのいいレストラン「キエフ」

京都ロシア料理の老舗。京都育ちの歌手・加藤登紀子さんの実兄が営むお店。年2回こちらで行われるランチ付きの加藤登紀子ライブにお誘いあって行ってきました。

老舗店が立ち並ぶ祗園界隈のビル最上階のロシア料理店

 (76732)

四条縄手通り上がった雑居ビルの最上階。こちらは以前にもランチでご紹介した京都のロシア料理店の中ではパイオニア的域のお店。そして、歌手・加藤登紀子さんの実兄が営むお店でもあり。

【京都祗園】創業45年のロシア料理のパイオニア!歌手加藤登紀子の実兄が営む「キエフ」

【京都祗園】創業45年のロシア料理のパイオニア!歌手加藤登紀子の実兄が営む「キエフ」
関連記事になります。ご参照ください。
 (76716)

前回は東側の東山を望む部屋でランチをいただきましたが、今回は西側へ。
 (76717)

スグ手前には、老舗洋食でおなじみのレストラン菊水、そして鴨川も見える絶好の場所に立地。そして、最上階ということもあって眺めがいいですね。夏の屋上ビアガーデンも今年こそ行ってみたい!
 (76718)

店内にはマトリューシカやらチェブラーシカの人形が飾られています。チェブもロシア関連だったのか。あと、プーチンマトリューシカもありました(笑)
 (76719)

今回はこちらのライブ付きのランチ。次は9月に予定されていて、年2回。人気のようで昼夜全て完売。

ロシア料理のランチスタート

 (76720)

ライブ前に先に食事ということで、コースに組まれているグラスワインを。
 (76721)

ロシアパン。パンも土地柄がでますね。わりと水分少なく、蕎麦粉の入った素朴な味わい。
 (76722)

前菜盛り合わせ。やっぱり寒い土地柄、保存食系が多いんですかね。シャリキュトリーやスモークサーモン、ニシンマリネ、マス魚卵などお酒のすすむ品々。
 (76748)

世界三大スープのボルシチ。肉のエキスがよく出てて、野菜もよく煮込まれ、ビーツの赤、香草ディル、サワークリームがいいアクセント。
 (76723)

メインは牛フィレのステーキ。ソースはコクのある肉エキス凝縮したやつ。あと付け合せのスプラウトがあしらわれたマッシュポテトの中にシメジが入ってたんですが、その組み合わせにちょっと驚き。
 (76724)

酢漬けサラダ。さっぱり。
 (76725)

リンゴのタルト。シンプルで程よい甘さがいい。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【京都祗園】創業45年のロシア料理のパイオニア!歌手加藤登紀子の実兄が営む「キエフ」

【京都祗園】創業45年のロシア料理のパイオニア!歌手加藤登紀子の実兄が営む「キエフ」

国際都市京都。いろんな外国の料理が楽しめるレストランが豊富にありますが、その中でも老舗の域。こちらはロシア料理。
明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強の老舗名店のおでん種を全制覇!夏仕様のおでんも☆「蛸長」【祗園四条】

東京からの友人が遊びに来て、京都ならではなお店がいいだろう、と。以前も紹介した老舗のおでん専門店に再訪問。夏におでん?いえいえ、夏だからこそのおでん種もあるんです。
【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

【京都祗園】名物くずきりでおなじみ!創業300年の老舗京菓子店の季節限定はんなり花見だんごは必食☆「鍵善良房(かぎぜんよしふさ)」

以前お花見の時に友人が持参してて、なんてカワイイ花見だんご!さすが祗園!!と皆絶賛。創業300年の老舗京菓子店で、名物くずきりでおなじみ。今回は季節限定の三色だんごです。
明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

明治15年創業の京都最強のおでんの老舗名店!上質の素材に丁寧な仕事!!「蛸長」【祗園四条】

京都南座にも程近い場所。寒い冬場はとくに行きたくなるお店。京都で美味しいおでん、といえばココ。カウンターのみの小さなお店。
京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

京都祗園のランドマーク洋食店!驚愕の神コスパ!!繁華街の歴史とともに歩む創業100年の老舗「レストラン菊水」

ちょうど今年で創業100年。京都で一番華やかな界隈で、歴史の生き証人のように街の移り変わりを見続けながら営業。そして、昔も今も変わらぬ人気。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな