2017年7月14日 更新

【京都祗園オープン】水玉かぼちゃと芸舞妓が集う歌舞練場の共演!大正建築に映える現代アート「草間彌生展」【フォーエバー現代美術館】

6月オープンした「フォーエバー現代美術館」。都をどりの会場としておなじみの祗園甲部歌舞練場内にある大正建築の八坂倶楽部内に。そのオープンを記念して、現在「草間彌生MySoulForever展」が絶賛開催中。

京都五花街の代表格・祗園甲部歌舞練場に

 (86970)

四条花見小路南へ。言わずと知れた観光客が行き交うエリア。とくに外国人観光客が祗園の芸舞妓をひと目見ようと出待ちする場面にもよく遭遇。
 (86971)

五花街の一つ、祗園甲部の歌舞練場。こちらは春の舞・都をどりの会場としてもおなじみ。その歌舞練場敷地内にある八坂倶楽部にこの6月にオープンしたフォーエバー現代美術館。

フォーエバー現代美術館は、もともと秋田市で10年間活動。それがこの6月10日から場所を移し京都へ。
 (86972)

もう歌舞練場のゲートから丸見えです(笑)
草間彌生の代表的作品の黄色いかぼちゃのオブジェ。デカッ!
 (86973)

現代アートって、大体洋館だったりモダンな美術館やギャラリーで開催されていることが多いんですが、こんな真逆の古い建物と一緒に共演してるっていうのも、ちょっと珍しいし京都らしいというか。
 (86974)

とりわけ、日本を代表する歌舞練場。その歴史や風格が木造の和風建築からも漂ってきます。大正2年(1913)に建築されたもので、国の登録有形文化財。かぼちゃオブジェの背景にある白亜の弥生会館は昭和11年(1936)竣工の、こちらもレトロで趣きのある建物。登録有形文化財。そんなそうそうたる建物に囲まれつつも、存在感ありありのオブジェ。
 (86986)

そして、会場は南側。青銅製の唐破風屋根がその古さを物語っています。
 (86976)

建物は和風建築なので、もちろん靴を脱いで入館。ちょっとこれも美術館としては珍しいスタイル。
 (86977)

創作意欲が衰えることなく、今もエネルギッシュに活動を続ける前衛芸術家・草間彌生。今回はプレオープンとして開催された『フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 My Soul Forever展』。草間作品の中から選りすぐりの81点が展示。
 (86978)

一部撮影可能な場所もあり。
代表的モチーフである、水玉と網目で埋め尽くされた作品たち。初期の頃の作品には写真を埋め込んだコラージュなどもあり、なんていうんでしょうか。昭和感も。
 (86984)

順路に沿って2階へ。木造の中に艶めかしさも感じる建物。
 (86985)

窓からはお庭も眺められたり。そういえば、ここ都をどりの時の衣裳の展示会場になってた記憶が。
 (86979)

そして、こちらも撮影ポイント。舞台の上にボート型のオブジェ。
 (86980)

松の絵とのコントラストがまた面白い。
 (86982)

そして、また1階にもどって庭園側。瞑想スペースですかね。より深く集中できそう。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【新店】SNSでも話題!驚きの水玉メニュー!!ロケーション抜群のミュージアムカフェ「ノースショア(NORTHSHORE)」【京都祗園甲部歌舞練場内】

【新店】SNSでも話題!驚きの水玉メニュー!!ロケーション抜群のミュージアムカフェ「ノースショア(NORTHSHORE)」【京都祗園甲部歌舞練場内】

6月10日に祗園甲部歌舞練場内、八坂倶楽部にオープンしたフォーエバー現代美術館。その中にあるミュージアムカフェ。現在開催中の草間彌生展にちなんだ水玉メニューがSNSでも注目。
【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

【京都国立博物館内】開館120周年記念メニューも!明治と平成の名建築!!老舗カフェでレーコーを◎「からふね屋珈琲店」【東山七条】

あえて関西なんで、アイスコーヒーを「レーコー」と呼んでみました(笑)京都ではわりと老舗カフェ。市内に何店舗かある中、こちらは絶好のロケーション。京都国立博物館にあります。
【京都話題の書店】カフェやイベント開催も!複合体験型の発展形書店「京都天狼院(きょうとてんろういん)」【祗園】

【京都話題の書店】カフェやイベント開催も!複合体験型の発展形書店「京都天狼院(きょうとてんろういん)」【祗園】

祇園・建仁寺近く、大和大路通り沿いに今年1月オープンした町家リノベーションの本屋さん。カフェスペースもあり夜も営業。いろんなイベントや講座も開催。
岡崎 日本初展覧会!東京で人気を博しいよいよ京都へ!「細見美術館・春画展」【アート】【展覧会】

岡崎 日本初展覧会!東京で人気を博しいよいよ京都へ!「細見美術館・春画展」【アート】【展覧会】

江戸時代を通じて製作され、性的で滑稽な芸術性の高い肉筆画や浮世絵版画を総じて「春画」と呼びます。そして、その春画は大名から庶民まで貴賤を問わず広く親しまれてきました。
【京都祗園エリア】祇園祭帰りに立ち寄る京都オススメの大人のバーをまとめました☆【厳選7店】

【京都祗園エリア】祇園祭帰りに立ち寄る京都オススメの大人のバーをまとめました☆【厳選7店】

今週末は祗園祭の後祭。祭りの余韻に浸りながらお酒を楽しめる、京都屈指の夜の町、祗園エリアのオススメバーを集めてみました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

豆はな 豆はな