2017年3月8日 更新

祇園の隠れすぎなワインバー!中華メニュー始まりました!「ピノ太郎」

祇園四条にあった隠れ家ワインバーのピノ太郎が祇園のど真ん中にお引越し。移転し中華メニューと隠れ家感が増えました。

祇園のど真ん中に移転オープン!

 (72147)

祇園四条、川端沿いあったワインバー「ピノ太郎」が祇園に移転したので行ってきました。以前は雑居ビルの2階にあり隠れ家感がありましたが、移転してさらに隠れ家感が増しました(笑)

四条の花見小路からすぐですが、こんな小路の奥にお店があります。
 (72149)

白塗りの壁にかわいい茶色の扉、このピノ太郎の提灯が目印です!
 (72148)

2階席もありますが、メインは1階のカウンター席。スタイリシュな店内ですが多少の雑多感があり、そこがまた居心地がよくていいんです。
 (72150)

みんな大好きなワインのお供 生ハム(ハモンセラーノ)は、原木であります。そぎたての生ハムは風味が全然違いますよ。

ワインは白、赤、ロゼ、スパークリング、一律800円とわかりやすく良心的です。オーナーソムリエの後田さんが選んだ間違いのないワインたちがラインアップしています。

中華バル使いができるワインバー

 (72152)

祇園に移転して大きな変更点は中華メニューがメインになり、中華バル的なワインバーになったこと。
なので、中華と言えば餃子!もりろんありますよ。こういうワインと餃子というあまり見かけない組み合わせに。
 (72153)

ピノ太郎の餃子はニンニク不使用で、セロリやハーブを使っているので女性にもオススメ!つけタレにはバルサミコ酢を使って洋風アレンジに。
びっくりするほど、ワインもよくあう餃子に仕上がっています。
 (72151)

新しくピノ太郎の名物になりそうな黒麻婆豆腐です。はじめに言っておきますがめっちゃ辛いです。ただ、その分しっかりと美味しいです。

麻婆豆腐にはやっぱりビールがよく合いますが、赤ワインもオススメ。辛味が酸味を凌駕して、赤ワインがなんだか甘く感じる不思議な感覚を楽しめます。
 (72154)

居心地の良さがバツグンの中華バル的なワインバーです。
祇園という場所にありながら、意外とリーズナブルで明朗会計なのも好印象です。

お一人さまでもグループでも楽しめますよ!少し隠れすぎですが、ワイン好きの方もそうでない方もふらっと行ってみてください。

ぶどう酒パブ ピノ太郎 クチコミ情報

ぶどう酒パブ ピノ太郎 店舗情報

店名:ぶどう酒パブ ピノ太郎
住所:京都市東山区祇園町北側347-135
営業時間:19:00~3:00
定休日:不定休
TEL:070-6923-6002
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

祇園の隠れ家的中華バルなワインサロン!「ぶどう酒パブ ピノ太郎」

南座の南側、川端通り沿いにあったワインサロン「ピノ太郎」が、祇園に移転リニューアルなり。今回はワインが呑める中華バル的なメニュー編成に。
粋な京都祇園の一口パリパリ餃子復活!京の旦那衆や舞妓さん御用達☆祇園餃子処「泉門天」

粋な京都祇園の一口パリパリ餃子復活!京の旦那衆や舞妓さん御用達☆祇園餃子処「泉門天」

かつては京都では屈指の人気を誇る餃子店。業績が悪化のため一度倒産したが、名古屋の会社に経営権移り再開。変わらない美味しさと変わらない人気がまた復活。
”熟成日本酒”に特化した、祇園にある秘密基地的な日本酒バー「益や酒庫」

”熟成日本酒”に特化した、祇園にある秘密基地的な日本酒バー「益や酒庫」

花見小路を四条通から上がり1本目の筋を越えてから、右手(東)の路地奥にある秘密基地のような日本酒バー「益や酒庫」。四条条御幸町通上にある人気日本酒バル、益や酒店の2号店なり。
祇園 路地奥にある鰻の名店!150年以上続く老舗「かね正(かねしょう)」【予約必須】

祇園 路地奥にある鰻の名店!150年以上続く老舗「かね正(かねしょう)」【予約必須】

祇園四条、大和大路通り北側にある鰻料理の名店「かね正(かねしょう)」をご紹介します。鰻の旨味を存分に味わうことのできる創業150年を超える老舗です。
京都最強の熟成肉!枠にとらわれない隠れ家イタリアン「祇園バベル」

京都最強の熟成肉!枠にとらわれない隠れ家イタリアン「祇園バベル」

祇園の大和大路通りに隠れ家イタリアン「祇園バベル」さんです。今回はシェフこだわりの熟成肉を頂いてきました!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

つきはし つきはし