2016年12月9日 更新

NYタイムスが世界イチと絶賛したチョコ専門店!本物のカカオの味を堪能☆「マリベル京都本店」

場所は三条柳馬場、ニューヨークに本店を構える「マリベル京都本店」です。すべてがスペシャルでオススメすぎます!

京都にいながらNYを訪れたような空間

 (65045)

三条柳馬場を少し南に「マリベル京都本店」に来ちゃいました!
マリベルと言えば、ニューヨークのSOHO生まれの高級チョコレートのお店です^^

四条川端にあるカカオマーケットはマリベルの姉妹店ですね。
 (65046)

京町家の一角に店舗を構えていて、店舗はその奥に。
この京町家と洋風なアプローチにワクワクしちゃいますね!

マリベルと言えば、NYタイムスに最も美味しいチョコレートと評された専門店!世界イチです!!
 (65048)

全面ガラス張りのエントランスです。水色の壁がまた可愛いくて(*´ω`)

ニューヨークの本店と同じようなテイストになっています。
 (65049)

お隣にはカフェスペースがあり、自慢のチョコレートドリンクやスイーツ、サンドイッチなども頂けますよ!
今度、ランチ&スイーツしに来なきゃ(*´ω`)

本物のカカオの味が堪能できます

 (65047)

アンティーク調のオシャレでエレガントな店内にテンション上がりっぱなしでした(笑)
商品のチョコレートも一体化して、まるでオブジェのようです。
 (65055)

まるで宝石のように陳列されたチョコレートたち☆
なんて可愛らしいんでしょう!見ているだけでホレボレしちゃいます!
 (65054)

こんなステキなチョコレートのプレゼント欲しいです!!
ちなみに右の一番大きい100個入りのレッドボックスは、お値段なんと45,360円です!!!(驚)
 (65053)

CDジャケットのようなパッケージのこちらも、もちろんチョコレートです。
オシャレだし、ちょっとしたお土産にもいいですよね~( *´艸`)
 (65052)

今回はお土産にバークオレンジ〈ホワイト〉を買って帰りました!
普段高級チョコなんて買わないので、少しドキドキしました(笑)

造花ですがバラの花びらを同封してくれましたが、こういう細かいところがステキですね。
この紙袋もかわいくて!!人気のお店は紙袋も凝っていますよね~(*´ω`)
 (65056)

オレンジと白のビジュアルもかわいくていいですよね~!!
ほんとに食べるのがもったいないくらいです(笑)

オレンジがたっぷり入ったホワイトチョコは、甘みと酸味が楽しめます。

チョコレートってこんなに上品で美味しいんだって、初めて知りました(笑) 
ニューヨークのセレブをはじめ、人気がでるのも納得です( *´艸`)
お安くはないのでたまにしか買って帰ることはできませんが(笑)

まだマリベルでチョコレートを食べたことない方、一度は食べてほしい最高のチョコレートです。

マリベル 京都本店 クチコミ情報

マリベル 京都本店  店舗情報

17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アレンジの妙を感じる美味しいケーキ!ジミーにカフェやったはります「マルク・パージュ」

アレンジの妙を感じる美味しいケーキ!ジミーにカフェやったはります「マルク・パージュ」

丸太町釜座通り下がって竹屋町通すぎたあたりに暖簾だけかかっている町家のケーキ店「マルク・パージュ」です。
【京都】三条通はカカオの香りがする「チョコレート・ショコラ通り」高級ショコラ店が相次ぎ出店!

【京都】三条通はカカオの香りがする「チョコレート・ショコラ通り」高級ショコラ店が相次ぎ出店!

三条通に高級ショコラ店が相次ぎ出店しすっかり激戦区に!界隈を「チョコレート・ショコラ通り」なんて呼んだりひとも。
天然酵母でもっちもちのドーナツ!京町家造りのドーナツカフェ「ニコット&マム 」@烏丸御池の巻っす

天然酵母でもっちもちのドーナツ!京町家造りのドーナツカフェ「ニコット&マム 」@烏丸御池の巻っす

烏丸御池からもすぐ、京町家造りのドーナツカフェ「ニコット&マム 」さんでおやつっす。
日本初の路面旗艦店!京都限定メニューも楽しめる「 JEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)京都店 」10/25オープン【ショコラトリー】

日本初の路面旗艦店!京都限定メニューも楽しめる「 JEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)京都店 」10/25オープン【ショコラトリー】

バレンタインデーの大本命チョコとしてもてはやされる「ジャン=ポール・エヴァン」。毎年開催のチョコレートの祭典「 Salon du chocolat(サロン・デュ・ショコラ)」でも高い人気を誇るショコラトリーですが、この度チョコ激戦区三条通りにオープン。日本初の路面旗艦店とあって話題沸騰です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミート姫 ミート姫