2016年11月24日 更新

約8000体もの石仏と紅葉、山とのコントラストが見事!境内の奥には竹林も「化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)」

嵯峨鳥居本の「化野念仏寺」で紅葉を楽しんでまいりました。

嵯峨鳥居本にある化野念仏寺

 (63605)

化野念仏寺というお寺で、かつて風葬が行われていたこの辺り一帯の無縁仏を弔う為に、弘仁2年(811年)、空海が智山如来寺を建立し、その後、法然が念仏道場を開き、現在の寺名に改名されたそうです。
 (63606)

石段を上がるとこんなに美しい風景が!!
 (63607)

約8000体もの石仏と紅葉、山とのコントラストが見事です。
 (63608)

紅葉もいきいきとして、キレイなんですよね。
 (63609)

境内の奥には竹林もあり、吸い込まれそうなほどの美しさ!!
 (63610)

 (63611)

 (63612)

ネーミングからしてちょっと怖いイメージがあり、今まで訪れたことがなかったのですが、紅葉も竹林もとてもきれいで、行って良かったです。

化野念仏寺 クチコミ情報

化野念仏寺 基本情報

名称:化野念仏寺(華西山東漸院念仏寺)
住所:京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
電話番号:075-861-2221
拝観時間:9:00~16:30
拝観料:大人500円、中高生400円
公式HP: http://www.nenbutsuji.jp/
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

愛宕山ふもと「鮎茶屋 平野屋」今が見頃の紅葉を愛でながらいっぷくを【茶屋】

愛宕山ふもと「鮎茶屋 平野屋」今が見頃の紅葉を愛でながらいっぷくを【茶屋】

鳥居本の石畳の一番奥、愛宕山のふもとにたたずむ「鮎茶屋 平野屋」。歴史は古く、江戸時代より旅人をもてなす茶屋として愛されてきましたが、実は紅葉スポットとしても人気。今まさに見頃を迎えていますよ。
嵯峨鳥居本「第21回 愛宕古道街道灯し(あたごふるみちかいどうとぼし)」で過ぎゆく夏を静かに想う【8/23〜8/25】

嵯峨鳥居本「第21回 愛宕古道街道灯し(あたごふるみちかいどうとぼし)」で過ぎゆく夏を静かに想う【8/23〜8/25】

化野念仏寺の千灯供養に合わせ1995年から始まったこの催し。今では奥嵯峨の晩夏の風物詩として定着してきました。手づくりの素朴で温かい行灯を眺めながら、過ぎゆく夏に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
紅葉特集⑧ 苔むした羅漢さんがかいらし!嵯峨鳥居本・愛宕念仏(おたぎねんぶつじ)【観光】

紅葉特集⑧ 苔むした羅漢さんがかいらし!嵯峨鳥居本・愛宕念仏(おたぎねんぶつじ)【観光】

京都の紅葉観光にここまで来る方はなかなか少ないですかね。こちらは穴場です
嵐電有栖川駅すぐ「おにぎり工房 五郎」でこだわりのおにぎりをリーズナブルに【1/11 開店】

嵐電有栖川駅すぐ「おにぎり工房 五郎」でこだわりのおにぎりをリーズナブルに【1/11 開店】

嵐電有栖川駅からすぐの住宅街に、おにぎり専門店がオープンしましたのでご紹介します。朝7時から営業されていて、朝ごはんはもちろん職場や学校でのランチ用に購入も便利。小分け包装で持ち運び便利で衛生的、そしてこだわり食材使用でおいしくオススメです!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フードアナリストゆう フードアナリストゆう